ページの本文へ

Hitachi

ヘルスケアITソリューション医療機関・健診機関・健保向けソリューション

画像:臨床検査システム Lavolute

特長

大規模病院・臨床検査センター向け機能の拡充(2015年10月販売開始予定)

受付・検査・報告・請求までの臨床検査業務をフルサポート。スケーラビリティの確保により、業務規模拡大時の安定稼働継続を図ります。
TAT(*1)管理機能、精度管理機能を標準搭載することにより、大規模病院、臨床検査センターでの業務効率化、業務品質向上をサポートします。「システム状況モニター」で検査室内の全端末を監視する事により、耐障害性が向上します。

*1
ターンアラウンドタイムの略で、検査受付から報告までの時間を表します。

使いやすく、ワイド画面に対応したUIを実現

システム画面を刷新し、フラットデザインを採用しました。フルHDのワイド画面、デュアルディスプレイなど、閲覧するものに応じた見やすい画面を提供します。また、Windows 8に対応したことでタブレット端末を活用できるようになり、検査室や診療現場で検査データを手軽に参照することが可能です。

対応するハードウェアのラインアップを拡充し、処理速度を向上

ハードウェアのラインアップとして、ソリッドステートドライブ(SSD)(*2)に対応しました。SSDを使うことで、膨大な検査データを扱う臨床検査システムの処理速度の向上と耐障害性の向上を実現します。

*2
フラッシュメモリを用いた記憶装置。ハードディスクに比べて処理速度が高速

クライアントPCの保守作業負荷を低減し、障害への迅速な対応が可能

ハード障害時にプログラムと設定値をサーバから新しいPCにダウンロードするだけで誰でも簡単にLavolute8クライアントの再セットアップができます。これにより、ミッションクリティカルである臨床検査システムの障害に迅速に対応することが可能です。

精度管理機能を標準機能として提供し、検査業務の品質を向上

従来、オプションとして提供していた分析装置の精度を管理する精度管理機能を標準機能として提供し、検査業務の品質を向上します。

画面イメージ

画像:進捗状況モニター
進捗状況モニター

画像:受付別結果入力
受付別結果入力

画像:受付別結果入力
左:TAT工程別集計画面 右:精度管理機能画面(/x-R管理図)
下:変更履歴確認

動作環境

対応OS Microsoft Windows Server® 2012
Microsoft Windows Server® 2012 R2
Microsoft Windows® 8/8.1(64ビット版)
Microsoft Windows® 10)
前提プログラム Oracle Database 12c
  • * Microsoftは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • * Windows、Windows Serverは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • * Microsoft Internet Explorerは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • * OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
  • * その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。