ページの本文へ

Hitachi

ヘルスケアITソリューション医療機関・健診機関・健保向けソリューション

画像:生活習慣病リスクシミュレーション メタボ・ジャッジ

メタボ発症リスクの「みえる化」で対象者の「気づき」を促す。「メタボ・ジャッジ」はメタボリックシンドローム概念を導入した生活習慣病リスクシミュレーションシステムです。健診結果や問診結果から生活習慣病の発症リスクのシミュレート結果をグラフィカルに表示します。

概要

検査結果や問診結果を用いて生活習慣病の発症リスクと、改善すべき生活習慣および改善のためのアドバイスを表示する生活習慣病リスクシミュレーションシステムです。メタボ発症リスクの「みえる化」で対象者の「気づき」を促し、シミュレート結果をわかりやすくグラフィカルに表示します。

画像:流れ

特長

画像:ヘルゼア メタボ・ジャッジ イメージ図
ヘルゼア メタボ・ジャッジ イメージ図

検査結果や問診結果を用いて生活習慣病(メタボリックシンドローム/糖尿病/高血圧/脂質異常症)の発症リスクと、改善すべき生活習慣および改善のためのアドバイスを表示します。メタボリックシンドローム該当者には、検査結果値の改善シミュレーションも表示します。 特定健診、および特定保健指導対象者の生活習慣改善意識を高め、効果的、効率的に動機付け行うことができます。

  • * メタボ・ジャッジは生活習慣病を診断する製品ではありません。

機能

メタボリックシンドローム判定

メタボリックシンドローム診断基準に基づき、検査結果や問診結果から、メタボリックシンドローム該当者(および予備群該当者)と非該当者を判定し、生活習慣病(メタボリックシンドローム/糖尿病/高血圧/脂質異常症)の発症リスクを表示します。

検査別にリスク表示/
改善シミュレーション

■メタボリックシンドローム該当者(および予備群)

検査値、および問診結果から、メタボ・ジャッジが、生活習慣の改善コースとして、「おすすめコース」と「がんばるコース」を設定します。選択したコースにより、メタボリックシンドロームからの脱却シミュレーション、検査値の改善シミュレーションを行います。

■メタボリックシンドローム非該当者

メタボリックシンドローム非該当であっても、悪い生活習慣がある場合や、検査結果に異常な値がみられる場合は、疾病別(メタボリックシンドローム/糖尿病/高血圧/ 脂質異常症)の発症リスクを表示します。生活習慣の改善項目を選択することで、発症リスクに対する改善シミュレーションを行います。

改善すべき生活習慣のアドバイス

リスクのある疾病には、発症した場合の危険性を示し、生活習慣の改善方法のアドバイスを表示します。

■日立版知識データベース

メタボ・ジャッジには東京慈恵医科大学付属病院 新橋健診センターの、メタボ判定で重要な腹囲データを含む、10年分の健診データを解析した知識データベースをあらかじめ準備しています。

標準パッケージ

画像:生活習慣病リスクシミュレーション画面
生活習慣病リスク
シミュレーション画面

画像:検査値改善シミュレーション画面
検査値改善シミュレーション画面

画像:アドバイス画面
アドバイス画面

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。