ページの本文へ

Hitachi

ヘルスケアITソリューション医療機関・健診機関・健保向けソリューション

画像:健診業務トータルサポートシステム ヘルゼア ネクスト

これからの時代に求められる健診ソリューションを提供。

チームによる業務分担をミスをより少なく効率的に行なうための「業務の流れの可視化」、複数のシステムとのシームレスな接続を実現した「システム連携機能」、そして個々のお客さまのニーズに合わせた操作性を実現した「ユーザーカスタマイズ機能」。これらを特長とした「ヘルゼア ネクスト」は広くお客さまの課題を解決するソリューションを提供します。

概要

健診施設の施設運営から健診データ処理、営業支援まで、健診業務全体をサポートするシステムです。お客さまのご要望、運用形態に合わせて、特殊健診などさまざまなオプション機能も提供しております。

画像:流れ

特長

■完成度の高い健診パッケージ

健診のさまざまな種類と運用(施設内や巡回)に対応したパッケージです。

■自由度の高い設定機能

パッケージでありながら、変更要望の多い画面や帳票は、ユーザーによるメンテナンスが可能な設定機能を備えています。また、利用者パーソナライズ機能により、利便性が向上できます。

■豊富な構築実績と信頼の保守体制

経験と実績で培われたノウハウを活かして構築から保守までお客さまのご期待にお応えします。

機能

メニュー
  • ユーザーごとにメニューのカスタマイズ、よく利用する帳票などのダイレクトメニューが設定できます。
  • ご担当者間、職員全体への情報伝達手段となる伝言板を用意しております。
契約
  • 契約ごとにコースやオプション、上限金額や併用差引きなどの設定が行えます。
  • コースやオプションごとに検査項目、報告可否項目、料金、基準値の設定が行えます。
  • 受診可否を判断する受診条件を自由に設定できます。
施設予約・受付
  • カレンダー、表形式の予約人数表示ができます。
  • 予約時に前回の受診情報を引用した予約が行えます。
  • コース種別と検査を掛け合わせた残人数表示ができます。
  • バーコードによる受付が可能です。
巡回予約・受付
  • 年度内の受診対象者管理が行えます。
  • 健診車、スタッフ、器材などの日程計画管理が可能です。
  • 巡回場所での受付機能を用意しており、施設内と同様の受付が行えます。
データ入力
  • オンラインやOCRなどさまざまな入力方法をサポートします。
  • OCRと手入力、手入力同士のベリファイ入力を装備しています。
  • 前回データを参照しながら入力が可能です。
  • 入力画面のレイアウトは自由に作成できます。
判定支援
  • 検査結果のほかに問診結果や所見を組み合わせたコメント生成が可能です。
  • 手修正された判定や既に入力されている判定の上書き可否が選択できます。
帳票出力
  • 任意の条件で各種帳票を出力できます。
  • 複数の帳票を一度の操作で同時に出力するグループ化が可能です。
  • 帳票のレイアウトは出力位置、フォント修正など自由に設定できます。
請求・入金
  • 団体宛、健保宛に複数個所への請求が可能です。
  • 請求に対する入金情報を管理できます。
  • 団体ごとの請求残高や請求額などを確認できます。
工程・通過管理
  • 予約から請求にいたる各工程で必要な作業の実施有無が管理できます。
  • 工程の内容や実績の自動設定の方法を任意に設定できます。
  • 検査機器のオンラインと組み合わせて、検査実施有無、次検査案内が行えます。
追跡
  • 再検査や精密検査の対象者が管理できます。
  • 対象者に関しての紹介状や返信結果の入力ができます。
データ分析
  • 検査結果や判定結果などから集計が可能です。
  • 団体ごとや健保ごとなど自由に抽出条件を組み合わせることができます。
  • 予定数を契約ごとに管理して実績との比較や、予実割合などを表示できます。
その他
  • 情報漏洩や誤操作を防止するためにユーザーごとに各種操作権限が設定できます。
  • 登録および更新情報は、実行したユーザーID・編集日時を管理できます。

標準パッケージ

■契約

画像:団体登録画面
団体登録画面

■予約

画像:予約カレンダー画面
予約カレンダー画面

■データ入力

画像:個人デザイン結果入力画面
個人デザイン結果入力画面

オプションパッケージ

■工程管理

画像:受付工程管理一覧画面
受付工程管理一覧画面

■データ分析

画像:業績予実確認画面
業績予実確認画面

■巡回スケジュール

画像:巡回スケジュール画面
巡回スケジュール画面

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。