ページの本文へ

Hitachi

ヘルスケアITソリューション医療機関・健診機関・健保向けソリューション

画像:ストレスチェックサービス

企業などのストレスチェック制度対応を支援するサービスを提供します。

概要

画像:ストレスチェックサービス

近年、メンタルヘルスの不調による労働災害の認定件数が増加傾向にあり、企業などの職場におけるメンタルケアの重要性が高まりつつあります。こうした中、2014年6月に公布された改正労働安全衛生法に基づき、2015年12月から企業などの労働者数50人以上の事業場に対して1年ごとに1回、産業医・保健師が従業員の心理的な負担の程度を把握するための検査(ストレスチェック)や面接指導の実施などを義務づける「ストレスチェック制度」が施行されます。

「ストレスチェックサービス」では、ストレスチェックの実施から面接指導、チェック結果の集計・分析を行うことが可能です。これにより、産業医・保健師や人事部門の事務作業の増加を抑制し、専門業務へ専念することができます。なお、「ストレスチェックサービス」は、本サービスのみで利用可能なほか、従来から提供している企業の定期健診向けの「従業員健康管理クラウドサービス」のオプション機能としても利用できるため、心と体の両面から従業員の健康管理を行うことが可能です。

特長

1. ストレスチェック制度をメンタルヘルスの向上に活用できる機能群

ストレスチェック実施者は、ストレスチェックの質問票への未回答者を容易かつ漏れなく把握し、催促を行うことができます。また、回答結果に基づき産業医との面談の実施を推奨できるほか、従業員が面談希望や検査結果の事業者への開示に関する同意の有無を登録することも可能です。さらに集団分析の結果をダウンロードし、改善が必要な事項を部署別・職位別にグラフィカルに把握できるため、職場環境の改善に役立てることが可能です。

2. 優れたカスタマイズ性

問診項目は、標準的な調査票として厚生労働省が推奨する57項目以外の質問を追加できるほか、事業者独自の健康管理方針に応じて、同一年度内に何度でもストレスチェックを実施できます。例えば、大規模な組織変更を実施した後など、あらためてストレスチェックを実施し、職場状況をタイムリーに分析することが可能です。
また、事業者の情報セキュリティポリシーに合わせて、従業員の一般的な健康管理情報やメンタルヘルスに関する情報はクラウド上に保管し、氏名や部署情報などの人事情報は事業者が管理するシステム内に保管するなど、柔軟な設定を行うことができます。

3. 「従業員健康管理クラウドサービス」との連携

「ストレスチェックサービス」は、企業の定期健診向けの「従業員健康管理クラウドサービス」のオプション機能としても利用することができます。「従業員健康管理クラウドサービス」の基本機能である健診管理・面接管理・就業制限管理の各機能と組み合わせることで、心と体の両面から従業員の健康管理を行うことが可能です。

主な機能例

項目 機能概要
従業員情報管理 従業員情報登録
対象者管理 ストレスチェックの対象者を検索・確認できます。対象者に対し、ストレスチェック案内メールを手動送信できます。また、未回答者に対し、フォローメールを手動送信できます(メール送信は個別・一括送信が選択可能)。
回答内容登録 従業員がストレスチェックの回答を登録できます 。回答に対する判定結果は自動表示され、従業員がその場で確認できます。事業所へのデータ開示同意/非同意の確認と、 面接希望を登録できます。
回答結果管理 回答内容検索ができます。回答結果一覧表示、出力できます。個人回答結果の過去履歴を表示できます。
面接管理 面接案内メールを手動送信できます。また、未面接者フォローメールを手動送信できます(メール送信は個別・一括送信が選択可能)。
集団分析 ストレスチェック制度で規定されている部、課単位での集計のほか、事業所、職位、性別単位で集計データが出力できます(母数が10名未満で、全員から同意が取れていない場合、集計結果は出力されません)。
監督署集計 心理的な負担の程度を把握するための検査結果等報告書に必要な内容(健診実施者数・有所見者数の集計値)をCSV形式で出力します。

価格

  • SaaS サービス(月額利用料):月額基本料 100,000円〜/月 従量月額費用 20円/月・人

* 初期導入費用(環境設定費用や導入コンサルティング費用など)が別途必要になります。
* 価格は、税抜き。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。