ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

電機精密テンプレート

多様な生産ラインを最適にコントロール。
グローバルな生産拠点の展開にも対応します。

製品の多様化、短命化や、グローバルレベルでの競合激化が進展し、従来の方式では利益のでにくい(コストがかさむ)市場環境になってきております。電機精密テンプレートでは、製品の需要特性にマッチした柔軟な生産体制の構築と、生産計画の短サイクル化・適正化により、需要変動への対応力を強化いたします。

電機精密テンプレートの特長

多様化する顧客ニーズに対応

生産計画の短サイクル化・適正化のため高速計画立案MRP(*1)エンジンを搭載し、工程に掛かる負荷を考慮し、柔軟且つスピーディーに需要変動へ対応します。MRPエンジンには自社内でも多くの導入実績をもつ日立SCMパッケージ(SCPLAN)の高速MRPエンジンを採用しており、生産計画の立案にかかる時間を大幅に削減します。

*1
MRP(Manufacturing Resource Planning):資材所要量計画といわれ、手配部品表を元にして製品の生産計画を実現するために、必要とされるものを、必要なだけ、必要なときに調達するための計画立案を支援するしくみ。

多種多様な生産形態に対応

製品の特性/構成や需要特性に応じたハイブリッド生産をサポート。製番型MRPで部品のトラッキング方式を採用し、製品構成上のさまざまなレベルから、柔軟な生産手配および引当を実現します。

サプライチェーンの変化に柔軟に対応

外注先を含めたトータルリアルタイム在庫管理により納期管理・部品製品在庫のコスト削減を促進します。また、自社工場の製造子会社化、生産委託など企業の枠や組織制約にとらわれない多様なサプライチェーンの変化にも柔軟に対応します。

手配BOMによる管理

手配BOMにより、同一品目の複数手配先(社内手配/社外手配)の管理が可能。需要/生産能力に応じた内作/外作の切り替え、外注先の併用などが効率的に行い、調達安定化(リスク分散)と品質向上を可能にします。

信頼を高める品質管理機能

品質管理への対応として、不良実績管理機能にて、購買品、外注品、内作品、出荷品等の不良実績を一元管理し、現象・調査・原因・対策等の情報を記録蓄積します。また、ロットトレース管理機能により手配表の正展開・逆展開を行い、不良発生時の製品・部品間の相互影響について、手配ごと調査することが可能となります。

画面イメージ

製造コストの正確な把握

製品特性や生産形態に対応したきめ細かな原価管理を実現します。ロスコストの把握と集計の簡素化を図るとともに、原価管理方式の社内統合化・標準化を促進します。また、柔軟な経費配賦方式を備えることにより、決算対応の費目別原価計算だけでなく、製品別や部門別の原価を把握し、的確な意思決定や原価低減が可能です。