ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

個別受注・個別仕様の製品製造においてリードタイム短縮と部品在庫削減を両立

プラスチック加工機械製造業T社は、納入先ごとにさまざまなバリエーションの発生する個別受注品の生産を効率化するために、従来の生産管理システムを見直すこととなった。



お客さまの課題

T社ではお客さまの使用環境に応じた製品を提供するために、同じ製品でも納入先ごとにさまざまなバリエーションを設けている。

そのため案件ごとの個別設計が発生し、迅速な見積回答・納期回答が難しい状況にあった。 また、従来の一品生産の仕組では部品・作業の共通化が図れず、なかなか生産効率を上げることができなかった。

個別受注生産対応オプションにより効率向上を実現

WEBSKYの個別受注生産オプションは量産品向けの高速MRPに一品生産の仕組を融合させている。

T社でも個別受注品の見積〜受注〜生産において個別受注生産オプションを活用、プロジェクト管理ツール SynViz/PJと連動することで案件ごとの構成や作業進捗をきめ細かく管理しながら、個別設計を減らし部品や作業の共通化を推進した。

その結果

  1. 部品・ユニットの設計および調達の共通化による大幅な部品在庫の削減
  2. 長納期部品の見込み発注や共通作業の洗い出しによる生産リードタイムの短縮
  3. 迅速な見積・納期回答による受注拡大

を図ることができた。

個別受注生産対応オプションにより効率向上を実現
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)

お問い合わせ

何をお探しですか?
キーワードで探す


何をお探しですか?
製品・ソリューションや、ビジネスキーワードなどで検索することができます。
キーワードで探す