ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

クルマ向けスマートモビリティサービス

クルマ向けスマートモビリティサービス


クルマ向けスマートモビリティサービスは、これまでの車載情報システムでの技術を融合・進化させて、新たなサービスシステムを構築・提供することにより、自動車業界のみならず、他の多くの企業の位置情報解析・処理に役立つプラットフォームを提供します。


What's New

2014年9月24日
  • 本サイトを公開しました。
  • 2014年10月30日〜31日に東京国際フォーラムで開催される「Hitachi Innovation Forum 2014 TOKYO
    人々の未来を拓く社会イノベーション 〜情報活用が革新するビジネスと社会〜」に出展します。

クルマ向けスマートモビリティサービス

クルマ向けスマートモビリティサービスの概念
クルマ向けスマートモビリティサービスの概念
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)

各国によって異なる道路特性を、SNS(Social Networking Service)を経由して学習することにより、リアルタイムでの位置情報に関連するコンテンツの収集・解析・展開をセンターサービスとして行います。本サービスでは、「ソーシャルマップ」と「運転特性/車両特性」の2つのビジネスを軸に、各種アプリケーションサービスが提供されます。

(1)ソーシャルマップ
リアルタイムに収集される位置情報の変化や、SNSで登録される情報、車載カメラから取得される画像情報をなどを基に、地図データおよび地図コンテンツを生成し、これをクルマに配信します。
(2)運転特性/車両特性
車両からの制御情報や各種センサー、画像情報から、自動車の挙動・姿勢を解析し、これを基に運転者の運転特性/車両特性を把握します。

関連リンク

何をお探しですか?
製品・ソリューションや、ビジネスキーワードなどで検索することができます。
キーワードで探す