ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

■ A社 (製造業)


概要
災害発生時、A社では、各拠点で生産に必要な部品が不足しました。刻々と変わる取引先や工場の状況を把握してお客さまに出荷可能数を回答するため、サプライチェーンプランニングサービスSCPLANを活用しました。
具体的には、日本国内、欧米、中国など全拠点の工場と、倉庫及び輸送中の在庫データを活用し、部品不足の生産への影響を一元的に把握しました。そして高速シミュレーションにより確認した生産可能数を各拠点の生産計画に反映しました。 〔2012年8月31日掲載〕
課題 キーワード
  • ・部品不足の生産への影響把握
  • ・出荷可能数の回答
  • ・情報の一元把握
  • ・高速シミュレーションによる計画変更

お問い合わせ

何をお探しですか?
キーワードで探す


何をお探しですか?
製品・ソリューションや、ビジネスキーワードなどで検索することができます。
キーワードで探す