Hitachi

お客さまのSAP S/4HANA化パターン方針をふまえて、ツールを活用したアセスメントを実施し、SAP S/4HANA化にあたってのメリット/リスクと、期間・コストの概算情報を提供します。
提供サービスは「スタンダードサービス」「エンハンスサービス」の2パターンからご選択いただきます。

SAP S/4HANA化 アセスメント 前提パターン

日立のこれまでのSAP S/4HANA導入経験から、SAP S/4HANA化には以下の3パターンがあると考えています。
SAP S/4HANA化アセスメントは、システムコンバージョン方式(*)が前提となります。

現行SAPシステムのアドオンのみ移行パターンは一部アレンジして実施可

日立が想定するSAP S/4HANA化3パターン

*
システムコンバージョン:既存のシステム要件が継承される割合が最も高い場合に選定するのがシステムコンバージョン方式です。

〔1〕スタンダードサービス

ツールを用いてアプリ影響を分析して対応工数を概算し、SAP S/4HANA化にあたって検討すべきポイントをご報告します。
短期間・低コストでSAP S/4HANA化によるアプリ影響を確認したい場合にお勧めです。

SAP S/4HANA化プロジェクトの概要イメージ
SAP S/4HANA化プロジェクトの概要イメージ

〔2〕エンハンスサービス

SAP S/4HANA化影響対応だけでなく、プロジェクト全体の概要イメージ作成とプロジェクト開始に向けたロードマップ策定をご支援します。
SAP S/4HANA化の実現性を評価した上でプロジェクト計画の上申を実施したい場合にお勧めです。

SAP S/4HANA化プロジェクトの概要イメージ
SAP S/4HANA化プロジェクトの概要イメージ