ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

日立のSAP S/4HANA ソリューション:データ・テクノロジーを活用し、ビジネスをトランスフォーム

日立のSAP S/4HANA®ソリューション

 

データを「記録・保存・出力する」だけでなく「活用できる」システムへ

近年、企業ではITシステムを、会計処理や生産管理など基幹系業務の効率化に留まらず、事業の成長に貢献する新たな付加価値の源泉として活用することへ関心が高まっており、経営課題として認識されつつあります。

こうしたニーズに応え、SAP社が2015年2月から提供開始した「SAP S/4HANA®」は、インメモリプラットフォーム(*1)「SAP HANA」をデータベースエンジンとし、膨大なデータの高速処理や分析を実現します。また、関連する各種システムとのシームレスな連携により、企業内に蓄積されたデータを活用して経営・事業戦略へ迅速に反映することが従来以上に容易になりました。

日立は、日立グループ12社(*2)からなる「日立 SAP S/4HANAワーキング』を2015年5月に立ち上げ、国内外において日立グループが培ってきたSAP関連ノウハウや最新技術に関する情報をもとに、SAP S/4HANA の導入支援ソリューションを開発しました。

*1
インメモリプラットフォーム:メモリ上で高速なデータ処理を実現するソフトウェア
*2
株式会社ニッセイコム、日鉄日立システムエンジニアリング株式会社、株式会社日立製作所、株式会社日立インスファーマ、日立SC株式会社、株式会社日立コンサルティング、株式会社日立産業制御ソリューションズ、株式会社日立システムズ、株式会社日立ソリューションズ、株式会社日立ハイシステム21、株式会社日立ファルマエヴォリューションズ、株式会社日立フーズ&ロジスティクスシステムズ (五十音順)

What's New

2017年9月26日
  • 掲載情報をリニューアル/コンテンツ強化をしました。 new:最新
2017年7月28日
  • 「SAP S/4HANA化事前検討サポートサービス」の情報を追加しました。
2017年4月26日

デジタルトランスフォーメーションを実現する日立のSAP S/4HANA活用コンセプト

昨今、IoTの発展により様々なモノ・コトがつながりはじめました。それに伴い、情報量が膨大化し、データ処理はより複雑になっています。
日立では、ビジネスの現場で日々発生する膨大なデータを分析するため、基幹システムにSAP S/4HANAを採用することで迅速かつ詳細なデータ処理を実現します。
また、SAP S/4HANA上で分析されたデータをビジネスの現場にフィードバックすることで、日立はビジネスに好循環をもたらす次世代基幹システムを提供することをめざします。
さらに日立のIoTプラットフォーム「Lumada」と融合することで更なる価値提供に貢献いたします。

デジタルトランスフォーメーションを実現する日立のSAP S/4HANA活用コンセプト
デジタルトランスフォーメーションを実現する日立のSAP S/4HANA活用コンセプト
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)

新サービス「SAP S/4HANA化事前検討サポートサービス」提供開始

 画像:新サービス「SAP S/4HANA化事前検討サポートサービス」と特長
「SAP S/4HANA化事前検討サポートサービス」
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)

現行SAPシステムからSAP S/4HANAへの移行に関するメリットと課題を短期間で明確にし、SAP S/4HANA化に向けたロードマップ策定に貢献します。

SAP S/4HANA化ワークショップ
お客さまのSAPシステム活用状況に応じたSAP S/4HANA化のポイント説明&デモセッションを実施し、お客さまにとってのSAP S/4HANA化のインパクトをご理解いただきます。

SAP S/4HANA化パターン簡易診断&アセスメント
先行事例のノウハウをベースとしたヒアリングでお客さまのシステム状況を分析し、お客さまがSAP S/4HANA化を最もスムーズに進めることができる構築・移行方式についてご理解いただきます。

PoCサービス
日立の提供するSAP S/4HANA環境でお客さまのシステムにおいて最もインパクトがある業務をスコープとして実機検証を行い、SAP S/4HANA化によってもたらされるメリットが何かについてほご理解いただきます。

SAP S/4HANAテンプレート HITRY シリーズ

日立のSAP S/4HANAテンプレート「HITRYシリーズ」は、SAP社が標準で提供しているSAP Best Practicesの最新版に、日立がSAP S/4HANA構築プロジェクトを通じて習得したノウハウをベースにした「エンハンス用パーツ」(追加設定を簡易にするためのドキュメントおよびツール)を加えたテンプレートです。
HITRYシリーズの適用により、お客さまシステムの効率的なSAP S/4HANA導入をご支援します。
日立では、SAP S/4HANA構築ノウハウをベースに継続的にSAP S/4HANAテンプレートを拡充してまいります。

システムの導入方法論「HFusion for SAP S/4HANA」

「HFusion for SAP S/4HANA」 は、日立のSAPシステム導入方法論です。
日立が持つ「ERPシステム開発標準手順」 をベースに、よりBPR業務にフォーカスし、標準手順および成果物の構成を一部拡張、これまでの国内導入ノウハウと海外での導入ノウハウを融合させています。
今回、「計画」「開発」「運用/保守」などプロジェクトの各フェーズにおいて、データ活用のための計画フェーズ拡張、新技術(HANA View+フロントツール、UI5など)やマイグレーション(DMO/SAP LTベース)への対応など、SAP S/4HANAを前提としたシステム導入・移行に対応するステップを追加・拡張しました。
今後も、プロジェクトのノウハウや成果物を反映することで、ブラッシュアップを図っていきます。

基幹システムと経営情報分析基盤の最適化をトータルサポート

本ソリューションでは、SAPソリューションを活用した豊富なシステム構築経験や高いスキル、ノウハウを有するSAPソリューションコンサルタントが、「コンサルティング」「システムインテグレーション」「アプリケーションマネジメントアウトソーシング(*3)」「プラットフォーム」の4つの分野において、SAP S/4HANAへの移行や新規導入に関する計画策定からシステムの運用、保守までを全面的に支援します。

*3
アプリケーションマネジメントアウトソーシング:業務システムの運用を専門の業者に外部委託すること

 基幹システム+経営情報分析基盤の最適化をトータルにご支援
基幹システム+経営情報分析基盤の最適化をトータルにご支援
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)


日立は、SAPシステムを核にクラウド、ビッグデータ、モバイルなどのさまざまな最新技術の融合を図り、新たな価値を創造します。

日立の取り組み
SAPシステムのユーザーとしての視点で、コンサルティングから構築、プラットフォーム、運用までOneStopソリューションのご提供で、日立グループの連携で、お客さまのビジネスを強力にバックアップしてまいります。
製品・サービス
システムの立案からテンプレート、開発、プラットフォーム、運用、改善、バージョンアップまで、システムライフサイクルに合わせてトータルでのサポートを実現しています。
導入事例
上場企業をはじめ、業界・業種、業務を問わないプロジェクト実績をご紹介します。

  

日立のGlobalネットワーク
日立は、グローバルサービスパートナー、グローバルテクノロジーパートナーとして、1994年から今日に至るまでグローバルにSAPソリューションを提供しております。
  • * SAP®、SAP HANA®、SAP S/4HANA®、SAP®ロゴ、記載されているすべての製品およびサービス名は、ドイツおよびその他の世界各国におけるSAP® SEの登録商標または商標です。
何をお探しですか?
製品・ソリューションや、ビジネスキーワードなどで検索することができます。
キーワードで探す