ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

〜物流が「つながる」「見える」「評価できる」〜

変革するビジネスにおいて物流改革は重要課題であるといえます。
物流情報の利活用により、物流の実態を定量的に把握可能な仕組みを提供し、サプライチェーン全体の継続的な物流改革を支援したいと考えております。


画像:見える、つながる、評価する
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)

「つながる」

物流情報を「一元管理」
 

「見える」

物流情報の「見える化」
 

「評価できる」

物流情報による
「PDCAサイクル」

一元管理・見える化・PDCAサイクルによって生まれる新しい価値

画像:一元管理・見える化・PDCAサイクルによって生まれる新しい価値

統合物流管理システム 「HITLUSTER」で
戦略的ロジスティクスを実現

「つながる」とは

「複数物流センター間」および「取引先〜物流センター〜出荷先」の広域をシームレスに連携し、物流情報を一元管理します。

画像:「複数物流センター間」および「取引先〜物流センター〜出荷先」の広域をシームレスに連携し、物流情報を一元管理します。

「見える」とは

商品や資材の入出荷・在庫および作業、配送実績など「モノ」や「ヒト」の動きをタイムリーに提供します。

画像:商品や資材の入出荷・在庫および作業、配送実績など「モノ」や「ヒト」の動きをタイムリーに提供します。

商品

物流センターで取り扱う「商品」の情報を確認できます。

  • 入荷、出荷、在庫など業務別の数量(予定/実績)
  • 品質管理情報(ロット・賞味期限・入荷日など)、在庫ステータス情報(良品・不良品など)
  • いつ、何が、どこで、いくつ、といったトレース情報

資材

物流センターで取り扱う「マテハン資材」の情報を確認できます。

  • 貸出、回収、保管など業務別の予定/実績数量
  • 個々のマテハン資材にユニークIDを付与する事で個体管理も可能
  • いつ、何が、どこで、いくつ、といったトレース情報

作業

物流センターでの「作業」の情報を確認できます。

  • 入荷、出荷、在庫など業務別およびユーザ別の作業量(予定/実績)
  • 業務別およびユーザ別の作業進捗および開始/終了時刻
  • 業務別およびユーザ別の作業生産性

配送

取引先〜物流センター〜出荷先での拠点間の「配送」の情報を確認できます。

  • 拠点間で運行する車両台数
  • 配送される荷物の荷卸し・積込みの数量および開始/終了時刻
  • いつ、何が、どこで、いくつ、といったトレース情報

「評価できる」とは

さまざまな視点で物流情報のモニタリングが可能であり、PDCAサイクルの実現を支援いたします。

■ 業績評価指標(KPI)に対するモニタリングで迅速な経営判断

画像:さまざまな視点で物流情報のモニタリングが可能であり、PDCAサイクルの実現を支援いたします。

実務層で発生する物流情報をリアルタイムに収集・蓄積します。

物流情報がリアルタイムに連携することで、マネージャ層、経営層も迅速にモニタリングが可能となります。

経営環境の変化にスピーディに対応できるロジスティクスの実現を支援します。

■ 物流情報を活用したPDCAサイクルを実現

画像:物流情報を活用したPDCAサイクルを実現

Plan
目標を設定し、実現するためのプロセスを設計する(組織体制の編成とスケジューリング)
Do
計画を実施し、実績データを取得する。
Check
計画と実績の比較検証を行い、再度、計画立案の準備を行う。
Action
修正した実行計画を実行に移す。問題があれば軌道修正し、改善活動につなげる。

お問い合わせ

何をお探しですか?
キーワードで探す


何をお探しですか?
製品・ソリューションや、ビジネスキーワードなどで検索することができます。
キーワードで探す