ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

2次元CAD HICAD/DRAFT

2次元CAD HICAD/DRAFT


設計情報の基盤を支えるため、
継続性(互換性)を重視した純国産の2次元CAD

HICADは、1983年にメインフレームのソフトウェアとして誕生しました。
以来、ユーザニーズを製品にフィードバックさせながら、現在のPC版へとその技術を堅実に継承し、進化を遂げてきた本格的な2次元CADシステムです。


トピックス

2016年4月18日
  • HICAD/DRAFT 03-09をリリースしました。
    • ・DXF→HICAD変換の変換対象に、弧長寸法、折り曲げ半径寸法、マルチ引出線、および表を追加しました。
    • ・HICAD→DXF変換の出力バージョンに、AutoCAD 2007〜2016を追加しました。
2015年10月16日
  • HICAD/DRAFT 03-08をリリースしました。
    • ・Windows® 10に対応しました。
    • ・DXF ファイル変換において、図面ファイル中の Unicode 文字データの変換に対応しました。
2015年2月10日
  • サイトをリニューアルいたしました。

画像:特長

画像:特長

特長

設計者の道具に徹する身近な2次元CAD「HICAD/DRAFT」の特長をご紹介いたします。

画像:機能と構成

画像:機能と構成

機能と構成

製品構成、実装機能をご紹介いたします。

画像:動作環境

画像:動作環境

動作環境

「HICAD/DRAFT」の動作環境についてご紹介いたします。

画像:価格

画像:価格

価格

「HICAD/DRAFT」の価格をご紹介いたします。

画像:FAQ

画像:FAQ

FAQ

よくある質問とそれに対するお答えです。ご参考にしてください。

画像:FAQ

画像:FAQ

製品サポート

「2次元CAD HICAD/DRAFT」の製品サポートについてご紹介いたします。

HICAD/DRAFT V3 について

HICAD/DRAFT V3(バージョン3)は、スムーズなアップグレードが行なえるように、従来のバージョンとの互換性を保っています。
図面データは、上位下位の互換性があり、旧バージョンとのデータ共有が可能です。
また、最新OSにタイムリーに対応します。HICAD/DRAFT 03-03以降で、Windows® 7に対応しています。最新バージョンのHICAD/DRAFTの対応OSはこちらから。

*
ただし、バージョン3のパスワード機能でパスワードを付与した場合は、バージョン2以前ではご利用できません。バージョン2以前で利用する場合は、パスワードを解除してください。
*
バージョン2以前のユーザインタフェース(API)について、関数インタフェースなどの変更はありません。


HICAD/DRAFT V3 の主なエンハンス内容

パスワード機能
図面にパスワードを設定できるようになりました。
データ出力ユティリティの機能強化
図面(部品)庫内の図面選択時に、検索条件が指定できるようになりました。
図面情報ツールバー
図面情報(図面名、用紙サイズ、層尺度、活性層)を、ツールバーとして表示することができるようになりました。
検索フィルタ機能
Windowsのファイル検索機能から、図面中の文字列をキーとした検索が行えるようになりました。
* ただし、x64環境ではご利用できません。
  • *このページに掲載されている会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

関連リンク

何をお探しですか?
製品・ソリューションや、ビジネスキーワードなどで検索することができます。
キーワードで探す