ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

フレームワーク

〜ビジネスの変化に即応できる、効率的な開発環境のために〜

フレームワークは、Webシステムの効率的な開発をサポートする、3層アプリケーション開発基盤です。
日立の豊富な開発経験に基づいたシステム開発方法論をはじめ、効率的な開発をサポートする開発支援ツール、内部統制関連や業務機能に利用できる部品ライブラリ、業務アプリケーションの実行制御を行うアプリケーション基盤を提供します。

アプリケーション基盤機能

「データベース接続やログ出力等のシステム基盤」のような機能に加え「権限チェックのアプリケーション制御」「メッセージ出力・言語切替のUI支援」などの業務アプリケーションでよく使われる機能をアプリケーション基盤に統合しています。

画像:アプリケーション基盤機能

日立の豊富な経験に基づいたシステム開発方法論

開発技法や開発手順など豊富な情報を提供しています。
システム開発の標準化に活用し、プロジェクトの立ち上げからテストまでを通して効率的に開発するための基準作りに役立てることができます。

標準設計書の提供と設計ツールの連携

開発方法論の一つとして設計書フォーマットを提供します。
フレームワークが提供する設計書を中心にした開発支援ツールを利用することで、二つの設計書間や、設計書とプログラムリソースの整合性を確保します。

プログラムコードの記述を容易にするソース生成

Javaのソースコード出力により、難解なロジック記述を低減。
プログラム開発者の負担を抑え、プログラム開発までの習得を容易にしました。

運用支援機能

ユーザ管理、権限管理、利用時間管理などの業務アプリケーションの運用支援機能を提供しています。
データ管理とメンテナンス機能もフレームワークで提供をしているため、データの登録だけで利用が可能です。プログラム開発者は運用支援機能を意識する必要はありません。

スマートデバイス向けのWebアプリケーション開発

スマートデバイス向けの部品を提供しており、PC向け以外の画面開発も可能です。

画像:サービス時間通知
サービス時間通知

画像:お知らせ
お知らせ

  • * OracleとJavaは,Oracle Corporation 及びその子会社,関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。

お問い合わせ

何をお探しですか?
キーワードで探す


何をお探しですか?
製品・ソリューションや、ビジネスキーワードなどで検索することができます。
キーワードで探す



重要なお知らせ

  • * 統合業務パッケージ「GEMPLANET Ver.2」は、
    2013年4月に「日立 製造・流通業向け 基幹業務ソリューション FutureStage」に統合いたしました。