ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

グループ会社の業務システムを一元管理しグループ経営効率を向上

製造業G社は、グループ各社の業務システムをGEMPLANETで統合することで、会社間業務の統一、経営情報の一元管理を推進し、迅速なグループ経営意思決定やバックオフィス業務の効率化を実現した。

お客さまの課題

G社は事業規模拡大や市場環境の変化を見据え、グループ経営基盤強化のために、システムの再構築の検討を開始した。 これまで、G社グループは各社が独立したシステムを利用していたため、全体情報の把握に時間がかかり、リアルタイムな現状分析や、迅速な計画の策定に支障をきたしていた。

システム再構築にあたってG社では次の3点を重点に検討を行った。

  1. システムを一元管理し、情報を共有。
  2. 内部統制への対応と業務手順の標準化。
  3. 新規開発する販売情報システムと業務システムの融合性と将来の変化、拡張に備えた柔軟性を備えたシステム

GEMPLANET(現:日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage)の機能を活用したシステム構築

G社では、これら業務課題解決に対し、GEMPLANET(現:日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage) の次の特長を活用している。

  1. グループシステムの統合
    各社システムをGEMPLANET(現:日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage)に統一。複数会社管理機能を利用し、データセンタに設置するサーバにシステムを集約し、一元管理を実現。また、財務分析オプションの導入により、セグメント分析やグループ会社間の財務指標分析などを実施。
  2. 内部統制対応支援
    内部統制文書化支援テンプレート等の活用により、業務手順の標準化を図り、グループ内の業務管理レベルを向上。また、IT全般統制を支援するプログラム変更管理、セキュリティ、サービス時間管理等の機能により、システム面への対応を実現。
  3. 柔軟なシステム
    SOA対応の情報基盤(GEMPALNET Ver.2フレームワーク)を活用し販売情報システムを構築。GEMPLANET会計システム(現:FutureStage 会計管理システム)をフレームワーク上で統合し、シームレスな運用を実現。
  • * このページに記載されている会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

お問い合わせ

何をお探しですか?
キーワードで探す


何をお探しですか?
製品・ソリューションや、ビジネスキーワードなどで検索することができます。
キーワードで探す



重要なお知らせ

  • * 統合業務パッケージ「GEMPLANET Ver.2」は、
    2013年4月に「日立 製造・流通業向け 基幹業務ソリューション FutureStage」に統合いたしました。