ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

グループ会社のシステム統合によるシェアードサービス化

情報サービス業F社では、F社を含むグループ企業の情報システム業務のアウトソーシングを実施。GEMPALNET(現:日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage)により各社システムを集約することで一元化を図り、大幅な工数削減を実現した。

お客さまの課題

F社はグループ内各社の情報システム部門のアウトソーシング業務を行っているが、各社個別のシステムが導入されていたため1社ごとに個別の対応が必要であり、また、そのほとんどがクライアントサーバ型でシステムであったため、ソフトウェアの配布やインストールをはじめ、運用・管理、メンテナンス負担は膨大であった。
そこで、各社のシステムリプレースに合わせて、シェアードサービス化の検討を開始した。

検討ポイントは

  1. Webシステムであり、複数会社の管理が可能であること。
  2. 対象となる、会計、債権債務業務の必要条件を満たしていること。
  3. 将来的に、人事・給与業務を統合できること。

GEMPLANET(現:日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage)の機能を活用したシステム構築

F社では、これら業務課題解決に対し、GEMPLANET(現:日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage) の次の特長を活用している。

  1. 複数会社管理
    GEMPLANET(現:日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage)により業務システムをF社内に設置するサーバに集約し、システムの集中管理を実現。また、会社切替、セキュリティ、サービス時間管理等、システムを統合しながらも、会社単位の運用も可能な柔軟な機能を活用。各社同一パッケージを使用することで機能の共通化、運用・保守手順の一元化を図ることができ、管理工数を削減。担当者の管理レベルも向上し、ユーザへのサービスレベルアップにも貢献。
  2. 充実した業務機能
    業務機能に加え、内部統制への対応をサポートするインプット/アウトプットコントロール、帳票定義変更機能や非定型業務サポート機能などを装備。
  3. 計画的なシステム導入が可能
    GEMPLANET(現:日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage)は業務単位での導入が可能であるので、システム化計画に則った段階的な導入を行い、導入後はGEMPLANET基本管理機能(現:日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage)により、複数業務を統合管理することが可能。
  • * このページに記載されている会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

お問い合わせ

何をお探しですか?
キーワードで探す


何をお探しですか?
製品・ソリューションや、ビジネスキーワードなどで検索することができます。
キーワードで探す



重要なお知らせ

  • * 統合業務パッケージ「GEMPLANET Ver.2」は、
    2013年4月に「日立 製造・流通業向け 基幹業務ソリューション FutureStage」に統合いたしました。