ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

携帯電話からの就業実績入力による労務管理を推進

保守サービス業C社は、株式公開に向けた社内体制の見直し、業務改革の中で、社外勤務の多いサービス担当者の就業管理が不十分であることが判明、システム、業務の見直しを行った。

お客さまの課題

C社は急速な事業拡大と株式公開に向け、社内体制の見直しと業務改善を推進。その一環として、システム化が十分ではなかった人事・給与システムの導入を決定した。また、社員の多数を占める外勤のサービス担当者の勤務実績管理に課題があることが判明し、就業管理もあわせてシステム化の検討を開始した。

管理部門全体の見直しを行い、優先して対応すべき課題として次のようなものがあげられた。

  1. 就業管理のシステム化
    現状は社員がExcelで入力したデータを管理部門が月末に一括集計を行っている。しかし、36協定を考慮し就業開始、終了時間をリアルタイムに収集、実績を把握する必要があり、社外からの効率的な入力インターフェースがあることが必要となる。
  2. 社員情報の一元管理
    現状は社員情報はExcelにて管理しているが、給与システムのマスタとの整合性維持が課題となっていた。新システム導入を機に、人事、給与、就業システムの社員情報マスタを一元化し、業務の効率向上、正確性向上を図る必要がある。

GEMPLANET(現:日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage)の機能を活用したシステム構築

C社では、これら業務課題解決に対し、GEMPLANET(現:日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage)の次の特長を活用している。

  1. 携帯電話からの就業実績入力
    GEMPLANET(現:日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage)連携ソリューションである就業管理システムHi-Core Time(現:HIPLUS)により、Webによる申請、承認結果をリアルタイムにデータベースに反映。外勤者は携帯電話からの実績入力を実現している。
  2. 社員情報の一元管理
    GEMPLANET人事、給与システム(現:FutureStage 人事管理システム/給与管理システム)は、マスタ、データベースが一元化されており、共通する項目については更新情報をリアルタイムに反映。また連携するHi-Core Timeとも連携インターフェースによりマスタ連携を図っている。

GEMPLANETの機能を活用したシステム構築

  • * このページに記載されている会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

お問い合わせ

何をお探しですか?
キーワードで探す


何をお探しですか?
製品・ソリューションや、ビジネスキーワードなどで検索することができます。
キーワードで探す



重要なお知らせ

  • * 統合業務パッケージ「GEMPLANET Ver.2」は、
    2013年4月に「日立 製造・流通業向け 基幹業務ソリューション FutureStage」に統合いたしました。