ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

DSC/QC日立品質制御支援システム(Hitachi Digital Supply Chain/Quality Control)

日立品質制御支援システム

Hitachi Digital Supply Chain/Quality Control

 

日立品質制御支援システム(DSC/QC)概要

作業者の動線データ・モデルを活用し、品質の安定を実現

工場ではリアルタイムに異常検知を行い、熟練者の動線データモデルと、作業員の動きを比較・評価することで、作業習熟度を早期に上げることができます。またクラウド上でデータを共有することで、グローバル環境でも同じ作業を実現することができます。

サービス一覧

画像:メニュー

画像:メニュー

日立品質制御支援システム(DSC/QC) 日立品質制御支援システム(DSC/QC)

QC-AD Quality Control-work Abnormal Detection service

作業異常検知サービス(QC-AD:Quality Control-work Abnormal Detection service)
製造現場において作業者の動線を撮影しながら、正常作業との違いをリアルタイムに検知し速報するサービスです。

QC-PS Quality Control-work Proficiency Support service

作業習熟支援サービス(QC-PS:Quality Control-work Proficiency Support service)
熟練作業者の作業動線を基準とし、作業者の習熟度を向上、改善させるために動画比較、採点などをするサービスです。
一部サービス提供予定も含む

作業異常検知サービス
(QC-AD:Quality Control-work Abnormal Detection service)

ヒトの動きをモニタリングし、正常と異なる動きを検知し即時アラーム発報

品質問題の発生対策としては、設備やセンサによるエラー監視が主流ですが、ヒトの動線に注目することで作業異常検知を実現します。作業者の現場における「標準作業からの逸脱」、「危険作業」、「ミスの隠ぺい」といった検知が難しい問題点を見える化し、さらなる品質向上を図ります。

リアルタイム検知による品質確保、作業習熟に役立つ日立のソリューション

作業習熟支援サービス
(QC-PS:Quality Control-work Proficiency Support service)

作業の標準化に、熟練者の作業動画を活用し、作業員を育成

外国人労働者、海外工場における従業員へのトレーニングを、イメージしやすい動画により実現します。
作業者が違いを理解したうえで工程管理者の指導が入るため、早期の作業習熟が可能となります。

日立が提案する活用シーン

【シーン7】画像データ活用による不良予防
生産現場におけるヒトの動線制御と不良発生削減
  • *このページに掲載されている会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。