ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

コンセプトコンセプト

デジタルイノベーションで未来から選ばれる小売業へ、日立の取り組み

 

日立は、バリューチェーンの最適化でさまざまな課題を包括的に解決します。

「私だけのお買い物体験」を創り出し、マイクロ化が進む市場で選ばれるお店となること。「人に寄り添う働き方」を実現して、人手不足の時代にも選ばれる職場となること。「環境負荷の低減」に積極的に取り組み、選ばれる企業となること。日立はお客さまとともに、これら3つの課題の解決をめざし、未来から選ばれる小売業となるお手伝いをいたします。

店舗と職場と環境、成長を続けるための3つの課題

いま小売業には、乗り越えるべき3つの課題がある。
それは、「私だけのお買い物体験」を創り出し、マイクロ化が進む市場で選ばれるお店となること。また、「人に寄り添う働き方」を実現して、人手不足の時代にも選ばれる職場となること。そして、「環境負荷の低減」に積極的に取り組み、選ばれる企業となること、である。
これら3つの課題の解決は、未来から選ばれる小売業となる必須条件だとも言えるだろう。
しかし、店舗と職場と環境――この広範にわたる課題をすべて解決することは、可能なのだろうか。

3つの課題を包括的に解決するデジタルイノベーション

日立はこの3つの課題を包括的に解決するために、小売業のお客さまとともにデジタルイノベーションによるバリューチェーンの最適化を推し進めている。
消費者、家、店舗、物流、倉庫、生産などのデータをサイバー空間に集め、現実のバリューチェーンをモデル化。高度なシミュレーションを実施して、その最適解を各現場へフィードバックするのだ。
これにより必要なモノを、必要な時に、必要な分だけ提供する――つまりバリューチェーンの最適化が実現し、小売業におけるさまざまな課題の解決が可能になる。

バリューチェーンの最適化を実現した、ある小売業の姿

それではここでバリューチェーンの最適化を実現した、少しだけ進んだある街のお買い物の様子をみてみよう。

例えば、一人の消費者がサンドイッチを買いに店舗に訪れる。消費者が生体認証でチェックインすると、その日の体調に合わせたオリジナルなサンドイッチが提供される。「私だけのお買い物体験」だ。

消費者はスマートデバイスを活用し、日々さまざまなデータを生み出しているが、例えば、健康データや購買履歴に基づく趣味嗜好データなどを消費者同意のもと分析すれば、店舗は消費者一人ひとりにおいしいオリジナルレシピを提供することが可能になる。
また、そうした顧客データや購買データに加え、個店ごとの商圏データや気象データなど大量のデータを分析し、発注の精度を高めることで、食品ロスも削減。「環境負荷の低減」に貢献できる。
廃棄による損失が減った分、商品開発などお客さまが喜ぶサービスへの投資を増やせば、その店舗はさらに集客力を高められるかもしれない。

さらにバリューチェーンの最適化は、受注生産による無在庫店舗の実現も可能になる。
例えばアパレルショップでは、消費者は自分の好みに合わせて商品をカスタマイズ。その発注データはダイレクトにバリューチェーンに伝えられ、物流、倉庫、生産などの各プロセスが無駄なく連携し、消費者に短時間でオリジナル商品を届けられる。これは大きな「私だけのお買い物体験」となるだろう。
また店舗では、品出しや発注がなくなった分、従業員は個性を生かしながら接客に集中できる。もちろん物流や倉庫においても、無駄な業務が低減。ロボットによる自動化も相まって、人手不足の解消も進むだろう。「人に寄り添う働き方」も実現するのだ。

もちろん最適化は、無駄な配送などを抑えCO2排出量の削減にもつながる。

いま、ESG投資など、環境問題に貢献する企業を評価する動きはますます高まっている。環境負荷の低減は、サステナブルな社会への大切な取り組みであることはもちろん、収益に直結する課題でもある。

西友と日立による包括的な課題解決への取り組み

バリューチェーンの最適化による店舗と職場と環境、3つの課題の包括的な解決へ、いま多くの小売業が日立とともに動き始めている。

例えば、合同会社西友と日立は、弁当・惣菜売場においてAIによる自動発注の全店舗展開を推進している。

従業員は発注業務から解放され、接客など注力すべき業務へ集中。さらにデータに基づく高精度な需要予測で欠品や食品ロスの削減をめざしている。

合同会社西友 バイスプレジデントCIOの白石卓也氏は語る。
「自動発注の狙いは、従業員の負荷を下げることと、売り上げを伸ばして廃棄を減らすことです。
これまでは発注業務に時間をとられていたが、これからは接客や商品開発に時間を割くことにより売り上げが上がり、高精度な需要予測により廃棄ロスが減ればさらに利益が拡大します。この自動発注が全店舗に拡大されることによって、我々が得られるベネフィットはすごく大きいと思っています。
発注業務というのはサプライチェーンのコアなので、私たちはまずここからスタートしました。この次は、発注データに基づいて製造や物流へ指示を出していく考えです。すべてをサプライチェーンとして繋げて管理する。これを実現できるかどうかが、我々の次の大きなチャレンジになります」

カスミと日立によるエネルギー最適化への取り組み

株式会社カスミは、日立とともにエネルギー最適化に取り組んでいる。
複数店舗の空調設備の更新とEMSの導入により、13.2%の省エネ予測に対して単月比較でほぼ同等の結果を確認した。
さらにカスミは、空調設備での運用管理業務を日立にアウトソース。維持・管理コストを削減するとともに従業員の業務負担を軽減している。

物流センター内から配送、個配まで物流をトータルで最適化

バリューチェーン最適化では、物流の高度化も不可欠だ。日立とあるお客さまとの取り組みではトラック台数を最大で10%削減。CO2排出量を削減しながら、ドライバーの長時間労働などを改善している。
日立では、物流センターから店舗間の配送、さらに消費者への個配まで含めた物流分野の全体最適に取り組み、トラックの位置データ、さらに拠点・走行ルート・時間・積荷・ドライバー条件などのデータを分析し、お客さまの配送の高度化を支えている。

イオンモールとの取り組みなど、パーソナルな店舗づくりに応える日立

広いモール内にはゆっくりお買い物を楽しむお客さまばかりではない。スピーディーにお買い物がしたい忙しいお客さまもいる。イオンモール株式会社は日立と、この課題に取り組んだ。

モール内専門店の商品を、店舗間の垣根を越えて横断的に検索。さらにカメラで撮影した写真の類似商品の検索も可能にした。お客さま一人ひとりに利便性の高いモールの実現に一役買っている。
さらに日立は、今後、家のデータや生活スタイルなどを考慮して消費者一人ひとりに寄り添いながら省力化を進める店舗づくりにも取り組んでいく。

最後に

日立はこれからもお客さまとともに、選ばれる企業、選ばれる職場、選ばれるお店となるための価値を、デジタルイノベーションで創出。