ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

ヒューマノイドロボット「EMIEW3」による新しい時代へ
〜家電量販店ノジマで接客の実証実験を実施〜

豊かなコミュニケーション能力を持ち、人と安全に共存できるロボットサービスの実現をめざし開発された「EMIEW3」。EMIEW3は公共スペースや商業施設などにおいて、サポートを必要とするお客さまのもとに自ら移動、接客・案内などのサービスを通して、お客さま業務の支援を行うことを目的に開発したヒューマノイドロボットです。
小売業での将来的な導入をめざし、家電量販店ノジマと協力し、2016年12月(STEP1)と2017年3月(STEP2)に実際の店舗にて実証実験を行いました。

STEP1 クイズショーとフロア案内

写真:STEP1 フロア案内の様子(みなとみらい店)
店舗に設置されたEMEIW3(横須賀店)

   STEP1はクイズショーでお客さまへのお披露目を中心に3会場で行い、計6日間で約450名のお客さまが集まりました。フロア案内も実施し、お客さまが欲しいものをEMIEW3に話しかけると、商品の売り場を声とディスプレイで表示し案内しました。

STEP2 ヒアリングと商品のご紹介

写真:STEP2 お客さまと会話をするEMIEW3(川崎水沢店)
お客さまと会話をするEMIEW3(川崎水沢店)

   STEP2では、洗濯機についてのヒアリングとおすすめの洗濯機の紹介を行い、より接客に踏み込みました。5問程度の応答を行うとEMIEW3がお客さまにあった洗濯機を提案し、その後希望される場合は、店員に引き継ぐという試みを約80組のお客さまに体験してもらいました。
お客さまから「ロボットなので気軽に会話が出来る」「検討していなかったが、洗濯機購入を考えるきっかけになりそう」などの意見があり、ロボットならではの有効性を発見することができました。一方、会話のタイミングや受け答え内容など自然な応対の実現が課題であることもわかりました。

今後について

 今後も日立は、ヒューマノイドロボット「EMIEW3」の活用実験を進め、商業施設のほか、金融機関やオフィスビル、病院などにおいて、スムーズな接客や案内など活躍をめざしていきます。

[お客さまプロフィール]株式会社ノジマ

株式会社ノジマ

[本社] 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-3
クイーンズタワーB 26階
[設立]1962年4月
[資本金]57億2,000万円(2016年3月時点)
[従業員数]連結4,654名(2016年3月時点)
[事業内容]デジタル家電製品の販売、付帯工事、修理、技術指導

特記事項

  • 記載されている会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
  • 本接客実証実験事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 接客実証実験事例は特定のお客さまでの接客実証実験事例であり、全てのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
  • *本サイトで紹介しておりますソリューションについてのお問い合わせは株式会社 日立製作所 産業・流通ビジネスユニット 営業統括本部が承っております。掲載団体への直接のお問い合わせはご遠慮願います。

お問い合わせ