ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

【事例】株式会社日立製作所

32か国400社(612拠点)に導入した
グローバル財務会計システムを統合し、一斉稼働を実現

[写真]株式会社日立製作所

社会イノベーション事業をグローバル展開する日立グループは、連結経営を支えるIT基盤のグローバル化を進めており、国際会計基準への対応や連結会計の早期化という課題に直面していました。そこで、32か国400社の財務会計システム統合を決断。難易度の高い大規模プロジェクトでしたが、SAP®ユーザーとしての長年の経験、SAPソリューションプロバイダーとして培ってきたノウハウを生かして一斉稼働を実現しました。統合によって連結経営IT基盤を強化し、内部統制の管理効率化やITコストの軽減に貢献しています。

5ページ中1ページ

[弊社プロフィール]株式会社日立製作所


ロゴ:株式会社日立製作所



[設立] 1920年2月1日
[資本金] 4,587億9,000万円(2016年3月末現在)
[従業員数] 37,353名(2016年3月末日現在)
[事業内容]情報・通信システム、社会・産業システム、電子装置・システム、建設機械、高機能材料、オートモティブシステム、生活・エコシステム、金融サービスなど

特記事項

  • 本事例中に記載の内容は2016年7月掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 本事例は日立製作所での事例であり、全てのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
  • 記載されている会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
  • *本サイトで紹介しておりますソリューションについてのお問い合わせは株式会社日立製作所 産業・流通ビジネスユニット 産業ソリューション事業部が承っております。掲載団体への直接のお問い合わせはご遠慮願います。