ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

【事例】住友重機械工業株式会社

SAP®のクラウド上で″ERP on SAP HANA®″を稼働
2つの「国内初」を実現した総合機械メーカー

〔2〕業務部門とIT部門による専任体制で集中的に導入を推進

第1ステップとしてSHI本社と国内関連会社12社を最初のターゲットに定めた会計システムの導入プロジェクトは、2013年10月から始まり、2015年4月にカットオーバーしました。

国内初となる″ERP on SAP HANA″の導入に向け、SHIではプロジェクト専任体制を敷いて集中的に取り組んだと、財務経理本部 基幹システムプロジェクト 主査(プロジェクト推進当時:プロジェクトリーダー)の加島 俊蔵氏は振り返ります。

「経理およびシステム部門からそれぞれ業務に精通したメンバーを選抜し、専任チームを作ることで、SHIと日立のコンサルタントとSEが一丸となって進めました。日立から提案を受けて設置した会議体がコアとなり、非常に良いコミュニケーションが取れたと感じています」

アドオンについては、日本の会計基準に厳密に合わせることを優先しましたが、SHIだけでは判断できない部分においても日立のグローバルで400件を超えるSAP導入経験から適切なアドバイスが得られたといいます。

プロジェクトに付きものの困難もありました。
「長年運用してきた会計システムではデータ形式やマスターが整備されていない箇所があり、SAP ERPへのデータ移行は難航しましたが、日立のコンサルタント、SEとSHIのメンバーがワンチームになり連携し課題解決できたので、プロジェクトの長期停滞を避けることができました」(山本氏)

特記事項

  • 本記事は、JSUGINFO. Vol.7 Autumn(2015年12月4日発行)に掲載されたものです。
  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、全てのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
  • 記載されている会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
  • *本サイトで紹介しておりますソリューションについてのお問い合わせは株式会社日立製作所 産業・流通ビジネスユニット 産業ソリューション事業部が承っております。掲載団体への直接のお問い合わせはご遠慮願います。