本文へジャンプ

製造業・流通業向けソリューション

Hitachi

【事例】株式会社ダイエー

流通業初の流通BMS導入で業界全体の改革をけん引

トータルEDIソリューション「REDISuite」を活用して業界で初めて「流通BMS」を導入

2012年に創業55周年を迎える株式会社ダイエー(以下、ダイエー)は、スーパーマーケットやGMSなど全国211店舗*を展開する大手小売事業者です。同社グループでは、各地域に密着した店舗運営を通じて「お客さま、地域社会の『ライフソリューションパートナー』」をめざしています。
暮らしに寄り添うリテールビジネスのリーディングカンパニーとして、多様化する消費者のライフスタイルに対応した店舗業態ごとの売り場改革を推進する同社は、2006年、日立のトータルEDIソリューション「REDISuite」を活用して、業界で初めて流通BMSを導入。その挑戦は、従来型EDIが直面していた諸課題を解決に導き、多数の取引先も導きながら、流通BMSを業界全体へと普及・拡大させていくための大きな第一歩となりました。
GMS:General Merchandise Store EDI:Electronic Data Interchange BMS:Business Message Standard

  *
2011年2月末現在

導入前の課題

  1. 20年にわたり利用してきた従来型EDIのインフラ老朽化。
  2. データの通信速度が遅く、迅速かつ円滑な業務の遂行を阻害。
  3. サイズの大きなデータをやり取りする際のデータ標準化が困難。

導入後の効果

  1. 物流センターでのデータ受信時間を約1/20に短縮。
  2. 年間700万枚あまりの伝票を不要にする伝票レスを実現。
  3. 最大5〜6時間も要していたデータ受信時間をわずか数分に短縮。

[お客さまプロフィール] 株式会社ダイエー

ロゴ:株式会社ダイエー
写真:株式会社ダイエー建屋

[本社] 東京都江東区東陽2丁目2番20号
[資本金] 565億円
[従業員数] 正社員 5,668名(2011年2月末現在)
パートタイマー・アルバイト 18,012名(2011年2月末現在:1日8時間換算)
[事業内容] セルフサービスを販売方法の主体とする商品の小売業

Adobe Flash Playerのダウンロード
本映像をご覧になるには、最新のFlashPlayerが必要です。
正常に表示されない場合は、左のアイコンをクリックして、最新のAdobe Flash Playerをインストールしてください。

お問い合わせ

特記事項

  • 本事例中に記載の内容は取材日(2012年2月23日)時点の情報のため、現在の情報と異なる場合があります。詳細はお問い合わせください。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、全てのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
  • 本記載内容は、弊社の都合により変更となる場合があります。
  • 記載されている会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
  • 本ページで紹介しているソリューションについてのお問い合わせは、株式会社日立製作所 エンタープライズソリューション営業統括本部が承っております。掲載団体への直接のお問い合わせはご遠慮願います。