ページの本文へ

Hitachi

製造業・流通業向けソリューション

【事例】オエノンホールディングス株式会社

連結決算の早期化や内部統制、業務フローの標準化に成功

GEMPLANET Ver.2を会計処理基盤に据えたグループ13社を統合する「システム改革プロジェクト」

オエノングループの核となる酒類事業では、焼酎、日本酒、ワイン、リキュールなどで、それぞれ個性的なブランドの人気商品がラインアップされている

オエノンホールディングス株式会社は、さまざまな企業文化を持った12の事業会社のシナジーを最大化させるため、「グループシステム改革プロジェクト」を立ち上げ、情報システム基盤の再構築に着手。
会計システムにシェアードサービス対応の「GEMPLANET(ジェムプラネット) Ver.2」を適用し、連結決算の早期化や内部統制、業務フローの標準化を図りました。
また、原価計算システム「ProSCOPE-C(プロスコープ・シー)」の導入により原価管理の精度向上も実現。
グループ全体最適に向けた会計処理基盤の構築により、業務改革のスピードを一段と加速させています。

導入前の課題

  • 幅広いビジネスを展開しており、グループ全体を俯瞰したグループ経営の推進と企業価値最大化が必要
  • 多くのグループ会社で原価計算システムが導入されておらず、グループ全体の利益管理の制度に問題

導入後の効果

  • 決算業務の早期化と決算報告の質的向上、さらにコンプライアンス経営の強化を図ることに成功
  • 原価計算のルールが統一され、データの正規化を実現。さらに算出スピードも大幅に短縮

7ページ中1ページ

[お客さまプロフィール] オエノンホールディングス株式会社

オエノンホールディングス ロゴ

オエノンホールディングス 本社建屋外観

[東京本社] 東京都中央区銀座6-2-10
[資本金] 6,946百万円(2008年12月31日現在)
[従業員数] 1,079名(連結)/ 79名(単独)(2008年12月31日現在)

[事業内容]
純粋持株会社。酒類事業、食品事業、酵素医薬品事業、不動産事業などを展開する12の事業会社を傘下に持つ

特記事項

  • 2009年9月「はいたっく」掲載
  • 本事例中に記載の内容は初掲載当時のものであり、変更されている可能性もあります。詳細はお問い合わせください。
  • 事例は特定のお客さまでの事例であり、全てのお客さまについて同様の効果を実現することが可能なわけではありません。
  • その他記載されている会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
  • 「GEMPLANET Ver.2」は、2013年4月に「日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション FutureStage」に統合いたしました。
  • *本サイトで紹介しておりますソリューションについてのお問い合わせは株式会社日立製作所 産業・流通ビジネスユニット 営業統括本部が承っております。掲載団体への直接のお問い合わせはご遠慮願います。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。