ページの本文へ

Hitachi

日立 ITエコ実験村

IoTを活用した鳥獣害対策に取り組んでいます

鳥獣による農作物の被害をなくすためにIoTと、音・光による忌避装置とを融合させた鳥獣害対策ソリューションです。

@センサーでシカなどの野生動物を感知すると、
Aカメラで録画するとともに、
B高輝度LEDの点滅発光、
Cスピーカーからの威嚇音により野生動物を追い払い、
D関係者へメールで通知可能です。

北海道ではエゾシカへの効果が確認できています。
ITエコ実験村ではイノシシへの効果について、人の耳には聞こえないモスキート音を用いた実証実験を行っています。

ソリューションイメージ

新鳥獣害対策ソリューションは、竃k海道日立システムズのソリューションです。