ページの本文へ

Hitachi

「GeoAction100」自然再生プロジェクト ITエコ実験村

生きものたち

ITエコ実験村で観察された生きものをご紹介します。

写真:オオカマキリ

オオカマキリ(カマキリ目カマキリ科)

体長:70〜95mm
最も大型のカマキリ。草地や畑に生息し、生きている昆虫のみを食す完全な肉食性です。

写真:キタキチョウ

キタキチョウ(チョウ目シロチョウ科)

成虫態で越冬します。雑草間・林間を低く飛んで草花に集まり、雄は湿地に群れることがあります。幼虫の食草はマメ科です。

写真:シマヘビ

シマヘビ(トカゲ目ナミヘビ科)

全長:80〜150cm
開けた平地から山地の林縁部など明るい環境を好みます。動きが敏捷でさまざまな小動物を捕食します。カエルを好んで食べるのため水田の周囲で見られることが多いようです。

神奈川県レッドデータ生物調査報告書2006 要注意種
減少要因:生息地と餌となる生物の減少

GeoAction100 環境を軸とした事業貢献

エコ村だより

映像による日立グループの紹介 - Hitachi Brand Channel

「Hitachi Brand Channel」では、日立グループの先端的な技術や製品、さまざまな活動を動画で紹介しています。