ページの本文へ

Hitachi

日立のクラウド Hitachi Cloud

 
プロジェクト管理統合プラットフォーム「SynViz S2」

柔軟にデータ連携可能な
『プロジェクト管理プラットフォーム』

プロジェクト管理業務の目的は、品質/コストを鑑みながら計画された納期どおりにプロジェクトを終わらせることです。しかし、先行プロジェクトが遅延すると、関連メンバーの工数が割かれ、後続プロジェクトのスタートが遅れ、結果、納期の遅延など、負の連鎖が始まります。
SynViz S2は、プロジェクト管理業務でお困りのお客さまへ、以下の特長により業務の効率化を支援します。

このようなお客さまにおすすめです

  • プロジェクトを効率よく、納期通りに完了させたい
  • 複数のメンバーとスムーズに情報を共有したい
  • 多くのプロジェクトを横断的にまとめて管理したい
 

特長

  • データ連携により自社業務への適用度向上
  • 複数プロジェクトを横断的に一元管理
  • 複雑な工程の調整も一目瞭然・直感的操作

Point1 データ連携により自社業務への適用度向上!

さまざまなツールやシステムと連携し、自社業務に適した管理・運用を実現

Excelや自社システムとデータ連携し、自社業務にフィット、データの二重入力の手間要らず。複数のプロジェクト管理ツールとも連携し一元管理。
各プロジェクト/タスク属性をカスタマイズ可能なので、コスト/生産率などさまざまなデータを管理可能です。
また、ガントチャートへファイル登録が可能なので、進捗と成果物の一元管理が手軽に実現できます。

利用者の観点・用途に合わせ、各種データと連携し、シームレスに業務をつなぐ

Point2 複数プロジェクトを横断的に一元管理

複数プロジェクトやメンバーの負荷を横断的に纏めて管理

複数のプロジェクトを並べて進捗の一括確認。
特定メンバーの抱えている負荷を別プロジェクトの分も併せて確認でき、タスクと成果物を紐付けて一元管理が可能です。
また、ガントチャートへファイル登録が可能なので、進捗と成果物の一元管理が手軽に実現できます。

Point3 複雑な工程の調整も一目瞭然・直感的操作

使いやすく、分かりやすく、扱いやすく

直感的なユーザーインターフェースで使いやすさを重視し、誰もが直感的に操作できるガントチャートで操作。Webベースのシステムのため、PCへのインストールは不要です。

詳細はこちら

 
 
 

このページを見た人はこんなページも見ています

人気コンテンツ