ページの本文へ

Hitachi

日立のクラウド Hitachi Cloud

 
課金管理サービス
*1 Software as a Service
*2 請求関連データWeb表示オプションサービスのご利用には、「課金管理サービス」とは別に、「認証・ユーザ管理サービス」のお申込みが必要となります
*3 指定のファイルフォーマットでデータ提供いただきます

SaaS事業者を支援する課金管理
実績のある管理システムをサービス提供

実績のあるTWX-21の課金管理システムを活用し、安心・安全なサービスをスピーディーに提供します。

このようなお客さまにおすすめです

  • 導入費・運用費を軽減したい
  • 短期間で導入したい
 

特長

  • システムの導入費・運用費を軽減
  • 短期間での導入が可能
  • 課金・請求業務にかかる負荷を軽減

Point1 システムの導入費・運用費を軽減

課金管理サービス適用時の導入効果(*4)

*4 導入効果は当社の試算結果であり、上記の効果が得られない場合があります

Point2 短期間での導入が可能

安心・安全なサービスをスピーディーに提供

お客さまがすでに保有する会員管理システムが保有する情報を日立の課金管理システムに取込むことで、安心・安全なサービスをスピーディーに提供します。(上記Point1の図を参照)

Point3 課金・請求業務にかかる負荷を軽減

毎月の課金・請求業務にかかる負荷を軽減し、コア業務に集中

「単純定額制」、「単純従量制」、「段階的定額制」、「段階的従量制」に対応した、さまざまな課金体系の設定が可能です。

ユーザ単位、企業グループ単位や部署単位など、さまざまな単位での請求金額の計算が可能です。

請求書送付代行オプションサービスを利用することで、課金・請求業務を日立がワンストップで提供します。請求書作成からメールでユーザに送付するまでの業務代行が可能です。

サービスメニュー

2015年10月現在
区分 機能 内容 価格(税抜)
標準
サービス
課金管理基本サービス
  • 事前に登録する価格表に基づき、ユーザ(会員)向けの課金処理(請求金額計算、請求関連データ提供)を行うサービス

初期費用:50,000円~

運用費用:[従量費]450円/(件・月)~

+ [固定費]50,000円~

オプション
サービス
請求関連データWeb表示サービス(*5)
  • ユーザ(会員)が請求情報をWeb画面から照会可能とするサービス

運用費用:100,000円/月~(*6)

請求書送付代行サービス
  • 請求書の作成、および、送付業務を代行するサービス

運用費用:1請求あたり500円/月~(*6)

*5
認証・ユーザ管理サービスの契約・利用が前提
*6
オプションサービス導入に際しての初期費用は別途個別見積もり
 

このページを見た人はこんなページも見ています

人気コンテンツ