ページの本文へ

Hitachi

日立のクラウド Hitachi Cloud

 

グローバルに展開するSaaS(*1)を迅速に構築する
クラウド型共通基盤やBPO(*2)サービスを提供します。

グローバルで約60,000社以上が利用する「TWX-21」のSaaSノウハウを活用したクラウド型共通基盤やBPOサービスを提供。
SaaS事業者やユーザー企業の迅速なSaaSの立ち上げや運用を支援し、コア業務への集中を促します。

SaaS事業者から企業のIT部門まで、さまざまなお客さまに活用いただけます。

  • SaaS事業者

    既存SaaSの運用コスト低減、アプリケーション投資への集中に。
  • パッケージ事業者

    パッケージのSaaS化、新規SaaSの開発期間の短縮に。
  • システムインテグレータ

    SIテンプレートのSaaS化、プライベートクラウドの部品利用に。
  • 企業の情報システム部門

    システムの開発期間の短縮、開発・運用コストの低減、アプリケーション投資への集中に。
  • 企業の情報システム関連のグループ会社

    企業グループのシェアードシステムやプライベートクラウドの開発期間の短縮、開発・運用コストの低減、アプリケーション投資への集中に。
*1 Software as a Service
*2 Business Process Outsourcing
 

特長

  • スピーディーなSaaS構築を支援現
  • 多数の稼働実績を持つ高信頼なサービス
  • 低コストで運用可能なサービス形態

Point1 スピーディーなSaaS構築を支援

豊富な実績とノウハウを活用し、
低コスト・迅速なサービス立ち上げを支援

実績ある日立「TWX-21」のノウハウをベースにしたグローバル対応機能を提供し、スピーディーなSaaSの構築、運用を支援します。

日立のSaaSビジネス基盤サービスの位置づけ

日立のSaaSビジネス基盤サービスの位置づけ

*3 Maintenance, Repair and Operations
*4 Supply Chain Management

Point2 多数の稼働実績を持つ高信頼なサービス

SaaSビジネス基盤サービスの利用イメージ

SaaSビジネス基盤サービスの利用イメージ

約60,000社が利用する日立のSaaS
「TWX-21」の基盤

グローバルでの稼働実績のあるサービスなので安心してご利用になれます。

Point3 低コストで運用可能なサービス形態

お客さまのニーズに合わせて機能を選択可能

既にSaaSを運用しているお客さまも、現センターを利用したまま連携利用したり、一部の機能のみを選択利用したりできるため、コストを軽減できます。

機能 内容
ユーザー管理
  • 契約情報管理、ユーザー情報管理
ユーザー管理システム
  • ロゴ・ヘルプ・マニュアル切替、新規申し込み、請求先変更、利用サービス追加・変更、ユーザーID照会、ユーザーID追加・変更、サービスメニュー申し込み、サービスメニュー解約、依頼状況照会・承認
認証
  • ログイン認証、パスワード再発行、アカウントロック
ポータル
  • ロゴ・ヘルプ・マニュアル切替、利用サービス選択機能、ユーザー情報変更、パスワード変更、ユーザーID紐付け設定、ユーザーID紐付け状況照会
オプション(*5)
  • シングルサインオン連携(SAML SP(*6))、IPアドレス制限、TWX-21ブランド利用
  • アプリケーションの障害・予兆監視機能に加え、インシデント対応時ナビ機能により属人的な運用から脱却を実現
  • カスタマイズ対応基盤によりコア業務への集中を支援
  • 多彩な課金モデルでエンドユーザーに適した従量課金を実現
BPO・グローバルヘルプデスクサービス(*5)
  • グローバルヘルプデスクサービス(英語・日本語・中国語・タイ語)を提供
  • 各種サービスリリースにあわせてシステム運用のBPOメニューを順次リリース予定
*5
リリース予定
*6
Security Assertion Markup Language Service Provider

SaaSビジネス基盤サービスご利用SaaSベンダーさま専用サイトはこちら

 
 
 

このページを見た人はこんなページも見ています

人気コンテンツ