ページの本文へ

Hitachi

日立のクラウド Hitachi Cloud

 
TWX-21 Source to Contract サービス

ソーシングやサプライヤー管理を
高度化する戦略的アプリケーション

日立の業務ノウハウとJAGGAER社のアプリケーションを組み合わせ、企業グループ全体でサプライヤー評価、契約交渉などの業務(S2C: Source to Contract)の知見を共有し、高度化を支援します。

このようなお客さまにおすすめです

  • サプライヤーに関する情報を企業グループ全体で共有したい
  • グローバルで活用できる標準的なプロセスやシステムがほしい
 

特長

  • スムーズな導入~運用
  • 戦略的なサプライヤー管理
  • ソーシング業務情報の一元管理・活用
  • 他システムとの連携

Point1 スムーズな導入~運用

日立のノウハウを活用し、
導入支援~運用保守をサポート

業務コンサルティングやKPI・テンプレート設定を含めたワークフローの設計、SEサポートやユーザーマニュアル、ヘルプデスクの提供など、導入から保守、運用まで一貫したサービスを提供します。

Point2 戦略的なサプライヤー管理

さまざまなサプライヤー情報から
スコアリングするサプライヤー管理

納期遵守率や不良率などの実績や資格審査やリスク審査結果などの多種多様な情報に基づいて、継続的かつ多角的にサプライヤーを評価することが可能になります。

また、サプライヤーとの協創や育成を通じた開発プログラムを策定し、サプライヤーにおけるパフォーマンス向上やリスク低減を協働で進めることで、戦略的にパートナーシップを構築することができます。

Point3 ソーシング業務情報の一元管理・活用

サプライヤー決定~取引条件合意、
契約するまでのプロセスを支援

継続的かつ多角的に評価したサプライヤー情報を活用し、サプライヤーへの要請書であるRFxを作成し、回答を依頼、サプライヤーから回答を入手することが可能です。また、RFxで選定したサプライヤーと契約書の締結のため、ドラフトの作成から交渉、署名などの機能も提供します。

Point4 他システムとの連携

APIを活用した周辺システムや
サービスとの連携

外部の企業情報データベースや企業内のERP、TWX-21などのP2P(Procure to Pay)向け各種サービスなどと連携可能なAPIを用意しています。

  • 外部システムの企業情報を取り込みサプライヤー情報の充実化、サプライヤー評価情報の自動更新が可能です。
  • TWX-21 Source to Contractサービスと社内のERPやTWX-21などのP2P向け各種サービスを連携し、S2C~P2Pにまたがる調達プロセス全体を一元的に管理する環境を構築することが可能です。

関連サイト

 
 
 

このページを見た人はこんなページも見ています

人気コンテンツ