ページの本文へ

Hitachi

日立のクラウド Hitachi Cloud

 
デジタルサイネージソリューション「MediaSpaceメディアスペース」

店舗やショールームなどに設置し
カスタマーリレーションを向上

インターネットを通じて、低コストで映像コンテンツをタイムリーに配信する日立のデジタルサイネージ(電子看板)ソリューション「MediaSpace(メディアスペース)」。

MediaSpaceでは、配信コントロールセンターにて一括配信管理されたスケジュールに沿って、お客さまの拠点に設置されたディスプレイにコンテンツを表示します。店舗やショールームなどの集客スペースにおけるカスタマーリレーションの向上にお役立てください。

このようなお客さまにおすすめです

  • 集客スペースを活用し、お客さまへのPRを強化したい
  • デジタルコンテンツの配信を手軽に行いたい
 

特長

  • 集客スペースにおけるカスタマーリレーションを向上
  • 時間帯で変化するコンテンツを配信
  • すべてをアウトソーシングインフォメーションディスプレイサービス

Point1 集客スペースにおけるカスタマーリレーションを向上

設置環境に合わせて利用可能

店舗やショールームなどの集客スペースにおけるカスタマーリレーションの向上に当サービスをご活用ください。また、従業員教育や、職場での情報共有にもご活用いただけます。

集客スペースにおけるカスタマーリレーションを向上

Point2 時間帯で変化するコンテンツを配信

時間帯別にターゲットを絞った効果的な情報提供が可能に

MediaSpaceでは、時間帯によって、表示するコンテンツをスケジューリングすることが可能です。
例えば、来客の方々のカテゴリーが時間帯で変化する場所では、時間帯別にターゲットを絞った効果的な情報提供が可能になります。

店舗や集客スペース等でのご利用の場合、時間帯や曜日によって異なる顧客ターゲットへのピンポイントのメッセージ発信が必要となります。当サービスではそれぞれのターゲットに応じて最適なコンテンツを組み合わせることで、より効果的な商品訴求が可能となります。

Point3 すべてをアウトソーシング インフォメーションディスプレイサービス

すべてをアウトソーシング インフォメーションディスプレイサービス

ユーザーテンプレートで
手軽にコンテンツを作成

MediaSpaceインフォメーションディスプレイサービスは、配信コントロールセンターにて一括配信されたコンテンツや表示スケジュールを、拠点に設置されたディスプレイに対しインターネットで配信するサービスです。

お客さまは、配信する素材をご提供いただき、MediaSpaceがコンテンツの制作、配信、管理などの手間のかかる作業をお受けします。また、お客さまから表示スケジュールのご連絡をいただき、ディスプレイごとに必要なコンテンツをタイムリーに配信します。

お客さまは運用業務から解放されますので、企画やマーケティングに集中することができます。

詳細はこちら

 
 
 

このページを見た人はこんなページも見ています

人気コンテンツ