ページの本文へ

Hitachi

日立のクラウド Hitachi Cloud

 
大容量高速転送サービス 「活文 デジ活ワイド」

海外との大容量ファイル転送を
高速に実現するサービス

製造業を始め、多くの企業が海外進出を急速に進めており、企業間の情報共有・データ授受は欠かせないものとなっています。しかし、そのために必須となる大容量データのやり取りに、転送遅延、転送失敗などの課題を抱えている企業は少なくありません。大容量高速ファイル転送 「活文 Accelerated File Transfer」は、インターネット回線で、Gバイトサイズの大容量データ授受を高速に実現する法人向けファイル転送サービスです。特に通信インフラが未整備である新興国(東アジア地域など)や、米国、欧州といった遠隔地とのファイルのやり取りに効果を発揮します。
中国、タイ、インドなど40の国と地域で利用実績があります。

このようなお客さまにおすすめです

  • 通信を高速化したい
  • 大容量ファイルを転送したい
 

特長

  • 既存のHTTP通信に比べて数倍から数十倍の高速転送(*1)。
  • 低コスト・短期間でファイル転送環境を整備
  • ドラッグ&ドロップの直感的な操作で利用可能

Point1 既存のHTTP通信に比べて数倍から数十倍の高速転送(*1)

通信回線が整備されていない海外地域でも
高速ファイル転送を実現

東南アジア(中国、タイ、インドなど)、米国、欧州や、通信回線が整備されていない海外地域へのファイル転送においても、多重通信技術(*2)により、既存のHTTP通信に比べて数倍から数十倍の高速(*3)転送を実現します。さらに、HTTP通信の多重化により、全てのセッションが切断されてしまわない限り、通信を継続することができます。
これまでメール送付することが難しかったGB(ギガバイト)サイズの大容量ファイルの転送をスピーディーかつセキュアに実現します。

*1・3 複数のHTTPS通信を同時に利用し、ファイルを転送する技術
*2 通信環境に左右されることがあります
既存のHTTP通信に比べて数倍から数十倍の高速転送(*1)

Point2 低コスト・短期間でファイル転送環境を整備

SaaS提供のため、初期投資を抑えて
短期間でファイル転送環境を整備

「活文 Accelerated File Transfer」は、必要な機能をサービスとして利用できるSaaS(*4)形態で提供します。特別なネットワーク機器、アプリケーションやハードウェアなどを導入する必要はなく、初期投資を大幅に抑えることができます。ご契約後10営業日以内にサービスが利用開始できます。

*4 SaaS:Software as a Service

Point3 ドラッグ&ドロップの直感的な操作で利用可能

インターネット回線とWebブラウザのみで利用可能
無料評価版も用意

インターネット回線と、Webブラウザのみでご利用いただけます。
「活文 Accelerated File Transfer」の画面へドラッグ&ドロップするだけの直感的な操作でご利用いただけます。
また、簡単操作を実感いただける無料評価版も用意しています。

ドラッグ&ドロップの直感的な操作で利用可能

詳細はこちら

 
 
 

このページを見た人はこんなページも見ています

人気コンテンツ