ページの本文へ

Hitachi

日立のクラウド Hitachi Cloud

 
震ナビ安否確認

社員の危機管理を包括的に支援
地震後の安否確認をサポート

  • 大地震発生時に安否確認メールを自動配信
  • 事前選択した災害・気象・交通情報メールをタイムリーに配信
  • 指示メールを手動で一斉配信
  • 社員の家族間で安否確認情報を共有

このようなお客さまにおすすめです

  • 大地震発生時には社員の安否を素早く把握・共有したい
  • 有事の社員への伝達手段を確保したい
  • 地震発生に伴う災害・気象情報など情報発信したい
 

特長

  • 安否確認メールを自動配信
  • 個別メール配信から家族安否確認まで多彩なサポート機能
  • 短期間での導入・多彩な運用機能

Point1 安否確認メールを自動配信

地震発生時に各社員へ安否確認メールを災害情報や交通状況も合わせて自動配信

大規模な地震が発生した際に、自動で安否確認が起動。繰り返し質問や、一括・個別の指示メールなどの機能も充実。集計結果は震ナビゲーション上で見える化されます。

地震発生時に各社員へ安否確認メールを自動配信します。クリックのみで簡単に登録可能。災害情報や交通状況も合わせて配信します。

※1 製品のカスタマイズが必要
安否確認メールを自動配信

Point2 個別メール配信から家族安否確認まで 多彩なサポート機能

個別の指示メールを送信・家族安否確認機能・安否集計画面まで
地震時の管理者の作業を多彩にサポート

状態別の一覧および指示メール送信機能

社員の状態、所属、役職別の集計が可能です。管理者は集計画面から、個別の指示メールを送信することが可能です。

家族安否確認機能

社員からの通知により、家族専用の掲示板が立ち上がります。掲示板の書き込みで家族間の安否確認が可能になります。

安否集計画面

管理者は、社員の安否確認状況を一覧で確認できます。
部署ごとに安否状況を俯瞰する事も可能です。

個別メール配信から家族安否確認まで 多彩なサポート機能

Point3 短期間での導入・多彩な運用機能

簡単な導入・多彩な管理機能で管理者をサポート

導入に要する期間

契約完了後から約2週間でサービス導入が可能です。

運用機能

選べるユーザメールアドレスの登録方法

(1)

管理者が全社員分を一括で登録する

(2)

ユーザ(社員)が個別に登録する

報告用「集計資料」の出力

CSVファイルおよびPDFファイルに集計結果を出力することが可能です。

関連リンク

 
 
 

このページを見た人はこんなページも見ています

人気コンテンツ