ページの本文へ

Hitachi

日立のクラウド Hitachi Cloud

 
農業版 販売・生産連携プラットフォーム 「AgriSUITE(アグリスイート)」

農業生産者から農業経営者へ
販売・生産の一元管理を支援

AgriSUITEは、農業分野において販売と生産の情報をWeb環境で一元管理し、農業(生産)、商業(物流・販売)、工業(製造・加工)の農商工連携において、関係者間のスムーズな情報共有を実現するクラウド型プラットフォームです。AgriSUITEを利用することで、生産者は、タイムリーに販売見通しや出荷状況が見えるようになり、需要側は生産者の生産状況をタイムリーに把握することができるため、両者の農業生産活動における過不足を解消し、「需要と連動した適切な生産計画の立案」を実現できます。

このようなお客さまにおすすめです

  • 農業分野において、関係者と生産、販売、製造それぞれの工程で関係者のスムーズな情報共有を行いたい
  • 需要に合わせた適切な生産計画を立てたい
  • 生産現場での情報入力は簡単に行いたい
 

特長

  • 販売と連携とした生産の実現
  • 生産現場の日々の状況を把握可能
  • スマートフォンなどから現場で入力可能

Point1 販売と連携とした生産の実現

注文情報と生産計画と連携し、安定供給の仕組みづくりを支援

生産者は、販売先からの注文情報を農場の生産計画と連携して、時系列で管理することで、出荷時期、生産能力(量・品質)などを考慮した生産計画を立案できます。販売先からの注文と連動した計画的な生産ができるため、品不足や作り過ぎのリスクを回避し、安定供給に向けた仕組みづくりの構築を支援します。

販売と連携とした生産の実現

Point2 生産現場の日々の状況を把握可能

農商工連携により、関係者で日々の生産状況などを共有

販売計画毎に生産現場の日々の生産状況の把握が可能になります。写真による情報の管理も可能になるため、直接現地に行くことなく、複数農地の状況を把握することができ、安定した生産体制を構築することができます。日々の販売単価や経費など収益に影響を与える要素の情報管理も可能となるため、収益悪化の早期検知や収益改善に向けた迅速な対応が可能になります。

Point3 スマートフォンなどから現場で入力が可能

スマートフォンやタブレットを活用した、現場入力インタフェースを提供

「データの入力が煩わしい」という生産現場のニーズにお応えするため、スマートフォン・タブレット端末を活用した現場入力インタフェース機能をご用意しました。これにより、入力時間の大幅な短縮を実現しました。作業者別や作物別などの定型的な入力作業を、生産現場の運用に合わせたテンプレートとして登録することで、日々のデータ入力の作業量の削減と品質向上を実現できます。

提携企業

詳細はこちら

 
 
 

このページを見た人はこんなページも見ています

人気コンテンツ