ページの本文へ

Hitachi

日立のクラウド Hitachi Cloud

 
 

日立の環境情報管理サービス「EcoAssist-Enterprise-Light」が
「東京スカイツリータウン®」にて採用

株式会社日立製作所(執行役社長 : 中西 宏明/以下、日立)は、このたび、東京都墨田区業平橋・押上地区において建設中の「東京スカイツリータウン(事業主体 : 東武鉄道株式会社・東武タワースカイツリー株式会社)」向けに、SaaS(*)の形態で提供する環境情報管理サービス「EcoAssist-Enterprise-Light」(エコアシスト エンタープライズ ライト/以下、本サービス)を受注しました。本サービスは、2012年5月22日に、「東京スカイツリータウン」の開業とともに稼働を開始する予定です。

* SaaS(Software as a Service) : ユーザーが必要とするアプリケーションを、ネットワークを介してサービス提供するビジネス形態
  • 詳細を見る

導入したサービス

SaaS型環境情報管理サービス
「EcoAssist-Enterprise-Light」

企業のエネルギー管理や、法対応を支援し、環境負荷を見える化、法定報告書作成や企業の省エネ推進、さらには、エネルギーだけでなく環境情報を一元管理し、企業の環境マネジメントも支援します。また、昨今の電力不足や電気代の値上げがあり、多拠点のデマンドデータを収集・一元管理し、企業全体の集計、削減効果の見える化により、企業の省エネ・省コストをサポートします。

 
 

同じサービスの導入事例

 

このページを見た人はこんなページも見ています

人気コンテンツ