ページの本文へ

Hitachi

金融ソリューション

2019年2月26日

健康リスク予測サービス「マイリスク™」をベネフィットワン・ヘルスケアが採用

利用者の健康特性に応じた健康管理を実現

  株式会社日立製作所(以下、日立)の健康リスク予測サービス「マイリスク™」が、株式会社ベネフィットワン・ヘルスケア(以下、ベネフィットワン・ヘルスケア)に採用されました。今後、ベネフィットワン・ヘルスケアは、2019年4月をめどに、健康リスク予測サービス「マイリスク™」をベネフィットワン・ヘルスケアが提供する各種ヘルスケアサービスに付帯して提供する予定です。本サービスにより、利用者に対して健康意識の更なる向上・健康改善を促進することで、医療費の適正化などに貢献することが期待されます。

  健康リスク予測サービス「マイリスク™」*1は、疾病リスク、死亡リスクなどの誰もが避けたい健康リスクを予測し、利用者の健康改善に対するモチベーションを高めることで、健康増進に対する支援を行うサービスです。利用者は健康診断や体重など日々の測定結果を入力することにより、健康余命や入院の確率・日数・費用などの健康リスクを数値で把握することができます。また、改善目標として健康診断の数値や運動、食事などの生活習慣を設定し、目標達成時の健康リスク改善効果をシミュレーションすることが可能です。

  昨今、個人の健康意識が高まる中、企業においても健康増進活動に対する機運が高まっています。日立は、高まる健康ニーズにこたえるソリューション・サービスを提供し、今後も、個人の健康改善や企業の健康経営を実現するITサービスの開発・提供を推進していきます。

*1
健康リスク予測サービス「マイリスク™」は、株式会社レグラルが開発した計算システムを利用しています。
「マイリスク™」は、株式会社レグラルの日本における商標です。

健康リスク予測サービス「マイリスク™」の特長

(1)わかりやすい数値で表示される健康関連リスク

  現在の情報から将来の死亡リスクや疾病リスク、健康余命など5分類8項目の健康リスクを予測できます。

(2)健康改善の意欲を促進するためのサポートメニュー

  マイチャレンジ機能では、日々の努力で改善可能な検査項目や生活習慣の改善目標を設定し、目標達成時の健康リスク改善効果をシミュレーションすることができます。

入院リスク画面

シミュレーション結果画面

本サービスは入力されたデータに基づき、健康リスクを算出しています。特定の個人に対して、医学的判断を加えて疾病の診断を行うものではありません。

関連Webサイト

お問い合わせ先

 株式会社日立製作所 金融ビジネスユニット 金融システム営業統括本部 [担当:高島]
 〒100-8220 東京都千代田区丸の内一丁目6番1号

以上

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。