ページの本文へ

Hitachi

金融ソリューション

リアルタイム集計・解析ソリューション

vRAMcloudは、分散キャッシュとストリームデータ処理とシームレスに連携させ、POSデータや取引データといったファストデータをリアルタイムに処理・活用できる基盤を提供します。

[イメージ]リアルタイム集計・解析ソリューション

分散キャッシュ : データを複数の計算機のメモリ上で保持し、業務アプリケーションが高速にデータへアクセスすることを可能とする技術。データは複数の計算機のメモリ上にコピーを保持し、1つの計算機でデータが更新された場合はリアルタイムに他のコピーも更新できる。また、データの所在を管理する機能を備えており、業務アプリケーションは、意識することなく目的のデータへアクセスできる。
ストリームデータ処理 : 大量に発生するデータに対して、データを蓄積することなく、リアルタイムに分析・処理する技術。

■導入メリット

  • 処理するデータ量が増加しても容易にスケールアウトが可能
  • 分散キャッシュとストリームデータ処理を組み合わせて、低レイテンシなイベント検知・情報発信を実現

■ユースケース例

  • 不正オンライン取引監視
  • One-to-Oneマーケティング

■ホワイトペーパー