ページの本文へ

Hitachi

金融ソリューション

はじめに

指静脈認証を用いて、簡単・高度な鍵のアクセス管理とシステムによる状況、履歴、権限管理の簡易化で事務の効率化、内部統制強化を実現します。

このようなお悩みはありませんか?

課題   解決
厳正な鍵の管理をしたい。 指静脈認証による鍵管理により、真正性の高い本人認証と厳正な取出し・返却管理が可能となります。
鍵の管理運用を効率化したい。 鍵の取出し・返却状況や管理権限を、パソコンの画面上で閲覧・設定・帳票出力でき運用が簡易化します。
鍵の使用管理・監査を強化したい。 サーバで情報を一元管理し、全店での運用状況を確認できるため、監査強化・不正防止牽制が可能です。

概要

指静脈認証を搭載した鍵管理装置で、本人認証の厳正化によるセキュリティ強化、従来のカード/パスワード管理不要の利便性向上を実現します。
サーバで情報管理を実現することで、鍵管理装置個々の履歴情報収集や運用情報/ユーザ情報配信を自動化、履歴/運用状況確認などもブラウザで可能となり運用の効率化、管理の厳正化を実現します。

システム概要図
システム概要図

特徴

厳格管理

  • カード・パスワード運用での貸し借りのモラル低下を排除し、指静脈による本人確認で厳正管理を実現します。
  • サーバシステムによる営業店監査のみならず、本部での監査も容易となり、不正牽制効果を期待できます。

作業の効率化

  • カード・パスワード運用による媒体管理やパスワード管理が不要になり、運用作業負担を軽減します。
  • 紙による鍵管理権限運用やログ監査事務をシステムで画面表示/帳票出力化することで、
    営業店事務を効率化します。
  • 営業店監査はもとより、本部での全店監査が容易となり、監査事務効率化します。
  • 異動による鍵管理装置への指静脈設定(登録・削除)作業は、サーバからの配信により自動化し、
    営業店事務を効率化します。

機能

取出状況管理 取出/返却状況のリアルタイムでの確認(いつ、誰が、どのくらいの時間)が可能です。また、長時間取出、時間外取出などに警告を表示も可能です。
取出履歴管理 鍵の取出履歴の検索、表示、印刷が可能です。
管理台帳設定/表示/印刷 鍵の取出権限管理の設定、表示、印刷が可能です。
指静脈データ一元管理 サーバで一元管理されているデータと人事情報データを連携、更新することで、鍵管理装置への異動情報をサーバから自動配信(同期)することができます。
監査支援 監査部門で全店の取出状況/履歴、権限設定状況などの確認が可能です。