ページの本文へ

Hitachi

金融ソリューション

概要

大切な業務アプリケーション資産、エンハンスを繰り返すうちにブラックボックス化し扱いづらくなっていませんか。「COBOLマイグレーションサービス」は、ブラックボックス化した現行システム資産の可視化と、標準化されたJavaアプリケーション開発基盤により、メンテナビリティを備えたシステムへの移行をご支援します。さらに、移行後の業務アプリケーション資産価値の継続的維持・向上を支援するサービスもご用意しています。

特長

プログラム仕様の可視化と事実ベースの課題抽出
ALMソリューションを適用して、ブラックボックス化した現行システム資産を解析して、設計情報の生成と不要資産の棚卸を行います。また、移行後のシステムのログ情報をもとに、システムの利用状況を分析して、事実ベースの課題を抽出します。
システム構築作業の標準化
日立アプリケーションフレームワークJustwareを導入して、システム構築作業を標準化することで、Javaアプリケーション開発の効率化を図ります。
業務ルールとプロセスの分離
Red Hat JBoss BRMSを導入して、業務ルールとプロセスを分離することで、業務ルールの追加・変更を容易にし、業務ルールのメンテナビリティの向上を図ります。

ALMソリューションと日立アプリケーションフレームワークJustware、Red Hat JBoss BRMSを連携し、COBOLからJavaへの移行をトータルでサポートします。

【図1】COBOLからJavaへの移行

[イメージ]COBOLからJavaへの移行
画像を拡大する
(新規ウィンドウを表示)

*
ALM:Application Lifecycle Management(アプリケーションライフサイクルマネジメント)
*
ALMソリューション:日立製作所が提供するシステムのライフサイクル全般にわたってお客様との価値づくりを実践するソリューション
*
BRMS:Business Rule Management System(ビジネスルールマネジメントシステム)

適用業務の範囲

COBOLマイグレーションサービスのサービスメニューをご紹介します。

適用業務の範囲
サービスメニュー サービスの内容 サポート
フェーズ
現行システム資産
分析支援サービス
現行システム資産を解析し、プログラム情報をもとに、設計情報を生成し、移行後のシステムの設計に活用します。また、プログラム資産間の関連情報と稼働情報をもとに、未使用のプログラムを特定して不要な資産を棚卸します。これにより移行・設計工数を削減し、移行・開発作業の効率化を図ります。 現行分析
フェーズ
システム構築支援
サービス
日立アプリケーションフレームワークJustwareの導入により、構築作業を標準化します。また、Red Hat JBoss BRMSの導入により、業務ルールとプロセスを分離することで、業務ルールの追加・変更を容易にするシステム構築を可能とします。これによりシステム構築作業の効率化を図ります。 構築
フェーズ
システム利用状況
分析支援サービス
ログ情報をもとに、システムの利用状況を分析することで、非効率な業務プロセスの特定や特定利用者への作業負荷集中などのボトルネック等の事実ベースの課題を抽出・把握して、継続的な業務改善を支援します。 運用/保守
フェーズ
*
JBossは、米国およびその他の国でRed Hat, Inc. の登録商標もしくは商標です。
*
Red Hatは、米国およびその他の国でRed Hat, Inc. の登録商標もしくは商標です。