ページの本文へ

Hitachi

金融ソリューション

概要

近年、証券取引市場とその参加者にとって、翌日決済「T+1」環境の整備が課題となっています。また、「T+1」実現のためには、証券取引業務のSTP(Straight Through Processing)化により、市場参加者相互の接続も含め、市場参加者の事務処理を電子化し、処理時間の短縮を推進することが不可欠です。

日立は、日本銀行の提供する日銀ネットと接続するための「STPソリューション(資金決済版) 」、証券保管振替機構の提供するJEXGWシステムと接続するための「STPソリューション(証券決済版)」等、証券取引STP化を推進するための「金融STPゲートウェイシリーズ」をご提供します。 また、日銀ネット、JEXGWシステムが採用するISO20022形式のXMLメッセージと固定長形式のメッセージを相互に変換する、「ISO20022ソリューション」をご提供します。

STPソリューション

資金決済版

日本銀行が提供する日銀ネットが2015年度後半から採用する「コンピュータ接続」の新方式に対応したゲートウェイパッケージ「STPソリューション(資金決済版)」を2014年2月1日から販売開始しました。

証券決済版

証券保管振替機構の統合チャネル、JEXGWシステムとのオンラインリアルタイムによる接続制御機能を提供し、事務・業務フローのSTPの実現を支援するゲートウェイです。

ISO20022ソリューション

資金決済版

日本銀行の日銀ネットが採用するISO20022対応のXML形式と固定長のメッセージ形式を相互に変換するメッセージ変換パッケージをリリースしています。日銀接続ゲートウェイパッケージと併用することにより、日銀ネットに接続するシステムを短期間で構築できます。

証券決済版

証券保管振替機構のJEXGWが採用するISO20022対応のXML形式と固定長のメッセージ形式を相互に変換するメッセージ変換パッケージをリリースしています。保振接続ゲートウェイパッケージと併用することにより、JEXGWに接続するシステムを短期間で構築できます。

システム構成例

日銀ネットとの接続構成例

【図4-1】日銀ネットとの接続構成例

日銀ネットとの接続構成例
新規ウィンドウで画像の説明を見る

JEXGWとの接続構成例

【図4-2】JEXGWとの接続構成例

JEXGWとの接続構成例
新規ウィンドウで画像の説明を見る