ページの本文へ

Hitachi

金融ソリューション

キーワードInsurTech、健康診断、入院リスク、疾病リスク、生活習慣、健康増進、シミュレーション

概要

平均寿命の延伸により、一般消費者や企業においても、より長く健康に生きるための「健康増進活動」の取り組みに対する機運が高まっています。健康リスク予測サービスは「マイリスク™」*1の計算システムを利用し、疾病リスク、死亡リスクなど誰でも避けたい健康リスクを予測し、利用者の健康改善に対するモチベーションを高めることで、健康増進に対する支援を行うサービスです。
本サービスは健康診断や日常測定の結果の入力により自身の健康リスクを健康余命・入院確率/日数/費用といった指標で把握することができます。また、利用者は健康診断結果、運動や食事などの生活習慣を今後の改善目標に設定し、目標達成時の健康リスク改善効果をシミュレーションすることもできます。このように現状の健康リスクおよび改善による効果の可視化により、利用者の健康特性に合った健康管理を支援します。
金融機関等のお客さま向けのサービスにご利用いただくことで、販売促進や顧客満足度の向上、新しいビジネスチャンスの獲得に寄与する事が期待されます。

*1:
「マイリスク™」は、株式会社レグラルが開発した計算システムです。

特長

●わかりやすい数値で表示される健康関連リスク

本サービスで予測する健康リスクは、個々の疾病や入院さらには死亡に至るリスクなど、生活に影響を与えるリスクを対象にしています。健康診断や日常測定の結果を入力すると、入院確率、死亡確率、同性同年齢者と比較した疾病リスクといった利用者が直感的に理解しやすい数値でリスクを表示することができます。利用者はこれらの情報を元に健康状態を把握することが可能です。

●健康改善の意欲を促進するためのサポートメニュー

マイチャレンジ機能は、日々の努力で改善可能な検査項目や生活習慣の改善目標を設定し、目標達成時の健康リスク改善効果をシミュレーションする機能です。利用者はこれらの情報を元に健康改善の意欲を促進します。

●既存システムとの連携

既存システムとの認証連携によるシングルサインオンや、お客さま(金融機関等)の業務画面からマイリスク計算システムをAPI呼び出しする事によるシステム間連携も可能です。

適用業務の範囲

健康リスク予測サービスの適用業務の範囲
名称 概要 提供開始時期 価格
健康リスク予測サービス 健康診断結果などから個人ごとの健康リスクを予測し、健康特性に合った健康管理を支援するサービス 2018年9月 個別見積

システムイメージ/サービスイメージ

本サービスは、画面制御を行うフロントエンドシステム、ならびに各種健康リスクの計算を行う計算システムにて構成されます。計算システムはWebAPIで標準化しており、日立がフロントシステムを提供するSaaS型、お客さま環境のシステムから計算システムのAPIを呼び出すAPIサービス型、お客さま環境にシステムを構築するオンプレ型での提供が可能です。

SaaS型

SaaS型システムイメージ/サービスイメージ

APIサービス型

APIサービス型システムイメージ/サービスイメージ

オンプレ型

オンプレ型システムイメージ/サービスイメージ