ページの本文へ

Hitachi

金融ソリューション

情報系ソリューション 収益・リスク管理ソリューション

概要

金利シナリオ、資金シナリオから期間損益シミュレーションを実行し、RACAR予算編成、統制までを行います。

特長

本部予算管理の考え方

◆予算編成と予算統制の高度化・効率化

部門別損益計画の策定と、営業部門予算の地域・ブロック・営業店へのブレークダウンプロセスを一元的に管理。

◆業務純益ベースの予算編成・統制管理

信用コスト控除後の業務純益を目標とすることで、営業店行員、本部スタッフ、経営陣のすべてに渡り、共通の業績評価尺度を提供。

◆中期経営計画から四半期予算編成まで整合性を確保

年次計画、期次計画、四半期計画、月次計画をトータルサポートしており、各予算値及び実績値の整合性を確保。

◆ALMシステムとの連携

予算編成システムとALMシステムは同一取引明細データから算出しており、策定された収益計画に対して、リスクも同時に把握が可能。

機能概要

金利シナリオ作成機能

基準金利の作成
相関関係を定義することで、イールドカーブより自動的に基準金利を作成することが可能です。
科目利率シナリオ作成
基準金利とのスプレッド定義により、全体科目毎の将来の金利シナリオを作成します。

資金シナリオ作成機能

資金シナリオ作成
月次平残、期次平残からのシナリオ作成や、伸び率指定等様々な入力手段を用意し、資金シナリオ作成負荷を軽減することが可能です。

期間損益シミュレーション機能

資金収支シミュレーション
金利シナリオと資金シナリオに信用コストを考慮し、将来のRA粗利(業務粗利益から信用コストを差し引いた値)を計算します。
RACARシミュレーション
資金収支、役務収支、その他業務収支、経費、及び信用コストの計画より、将来のRACAR値(純利益)を試算します。

予算編成・統制機能

本部予算編成
期間損益シミュレーションの結果から予算編成を行います。
本部予算統制
予算と実績DBを比較し、達成度管理、予実算差異分析、実績フォローを行います。
営業店予算編成
本部予算編成で得られた営業店部門RACAR予算を営業店に配分します。
最大三段階(地域・ブロック・営業店)までの予算配賦を可能としています。
営業店予算統制
営業店及び各セグメント別の予算と実績DBを比較し、達成度管理、予実算差異分析、実績フォローを行います。

予算策定「NETALM/BG」の画面図

活用イメージ

本部と営業店との予算示達から調整、再取り込み迄システムでサポートしています。

NETALMでの予算策定の流れ
新規ウィンドウで画像の説明を見る

製品関連図

収益・リスク管理ソリューションの製品関連図

RACARコンセプト
新規ウィンドウで画像の説明を見る

*1
“RACAR”は三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)の登録商標です。


製品に関する動作環境等はお問い合わせ下さい。
記載されている製品情報は、製品の改良により予告無く変更されることがあります。