ページの本文へ

Hitachi

金融ソリューション

はじめに

誰もが平易に取り組める相続業務を実現し、事務の効率化・事務品質(顧客満足度)向上をシステムサポートします。

概要

増加する相続業務に対して、営業店では対応可能な要員が限定されており、長時間・長期間にわたるその対応に苦慮するケースがあります。また、個人のスキルに依存するため、その対応にバラつきがあり、顧客からの苦情が発生する要因にもなっています。
本システムでは、取引先(被相続人)との取引の状況や遺産分割の形態等によって千差万別の対応を要する相続業務を「ナビゲーション」することで、若手や一般職など誰もが業務を行えるよう支援します。これによって役席に集中していた事務の分散化を図るのと同時に事務品質の向上・相続業務の標準化を図ります。
ナビゲーション機能によって事務の遺漏防止・書類の徴求漏れを防止することで、苦情の発生を抑止し、顧客満足度向上による「顧客の囲い込み」を図ります。

特長

  1. 相続業務ナビゲーション
    案件(取引内容・遺産分割形態)によって必要な事務作業・徴求書類をシステムが判断・抽出し、ナビゲーションとして表示します。また、法定相続順位に則り、相続人の範囲確定についてもシステムがナビゲーションします。
  2. 情報共有と案件管理・進捗管理
    システムに登録された案件は全店・本部間で情報共有することができます。僚店に跨る取引がある先や本部への問い合わせ時、同一画面を照会しながら会話することが可能となります。また、従来帳簿等で管理されていた案件をシステム化することで、本部による停滞案件の抽出等のモニタリングとフォローも可能となります。
  3. 基幹系システムとのデータ連携による取引情報の自動収集
    死亡コードの設定にあわせて預金や融資といった取引情報を自動収集することで、端末での照会や帳簿での取引調査といった動き回りを解消します。

機能

金融機関向け相続業務支援システムの機能一覧
No 機能 機能概要
1 事務作業ナビゲーション/徴求書類ナビゲーション 被相続人との取引状況や遺産分割形態・相続人情報から、金融機関での必要な事務作業と相談者(相続人)への徴求書類のナビゲーション表示を行います。
2 相続書類のご案内 徴求書類ナビゲーションで表示されている書類を「相続書類のご案内」として出力し、相談者(相続人)に用意して頂く書類の一覧をお渡しします。
3 ヒアリングシートの作成 相続相談の受付事務として、相談者(相続人)に確認すべき項目を「ヒアリングシート」としてシステムから出力し、ローカウンタなどの相談コーナで聞取り調査を誰でもスムーズに行えるよう支援します。
4 相続人ナビゲーションと相続関係図の自動作成 法定相続順位や代襲相続を考慮した相続人ナビゲーション機能により、簡便に相続人の範囲確定を行います。また、登録された相続人情報より相続関係図を自動作成します。
5 ナビゲーションHELP機能 誰もが平易に業務を行えるように各ナビゲーション項目にポップアップHELPを表示します。確認すべきポイントや書類のサンプル等を表示することで、スムーズに業務に取り組めるよう支援します。
6 相談内容登録機能 相続案件について相談内容を記録し履歴管理することで、長期に亘る相続案件において担当者の交代時や不在のケースでもスムーズに案件の引き継ぎを行うことが可能となります。