ページの本文へ

Hitachi

金融ソリューション

情報系ソリューション CRMソリューション

概要

近年、厳しい顧客獲得競争に打ち勝つために、多くの金融機関において、営業力強化を最重要経営課題として各種施策が検討・実施されております。一方、金融自由化の進展による取扱い商品の多様化に伴い、高度な業務知識習熟の必要性や、個人情報保護法への対応など、金融機関の職員にとっては大きな負担となっています。

本システムは、顧客情報等を管理するデータベースサーバ、渉外業務のナビゲーションや各種情報を表示するアプリケーションサーバ、渉外員用端末から構成され、他システムと連動してお客様情報、製品情報を確認できます。更に、業務に応じた適切なヒアリングポイントをナビゲーションし、円滑な営業活動を支援します。渉外員用端末はタブレット端末(タッチパネル)を採用し、直感的な操作を可能としています。

機能概要

機能概要の表
利用者機能項目概要
渉外担当者
窓口担当者
  • 案件ヒアリングのナビゲーション
  • お客様/商品情報の確認
  • 訪問予定策定 など
案件ごとのヒアリング手順をナビゲーションによって確認でき、経験を問わない効率的な営業活動を支援します。
支店長・役席者
  • 店舗/渉外員成績管理機能
交渉結果や進捗状況を確認でき、渉外員/店舗単位で成績を把握してフォローすることができます。
本部
  • マスタメンテナンス機能
業務フローの変更/追加など、案件ナビゲーションをお客様自身で改善していただけます。

活用イメージ

行動管理・指示連携時の運用イメージ

  • 渉外担当者の交渉履歴・訪問実績に基づいた的確な指示を実施します。(支店長/役席)
  • 全店規模での実績管理・分析による営業店への随時フォローを実践します。(本部)
  • 役席指示に基づいた営業活動の見直しと訪問計画への組入れを行います。(渉外/窓口担当)

渉外ナビゲーション「BS_info/CRM」の活用イメージ
新規ウィンドウで画像の説明を見る

提供可能なナビゲーションテンプレート

ローン、事業融資、クレジット、預金、外国為替、EB、相談、など

製品関連図

CRMソリューションの製品関連図

お客さまとのコンタクトチャネルとして、訪問チャネル(携帯端末連携)、窓口チャネル(営業店端末連携)、ATMチャネル、インターネットチャネル、ダイレクトメールチャネルがあります。 CRMとしては、渉外ナビ BS info/CRM(案件管理ナビゲーション)、営業支援 BusiActiv/PRESS/MA(顧客管理、預実管理、担当者管理、本部支援、案件管理、行動管理)、投資型商品ナビ BS_info/NV(コンプライアンス対応・販売ナビゲーション)、地図情報システム(渉外活動支援)、リレーション可視化(ビジネスマッチング)があります。統合DBとしては、CRM-DBとRACAR-DBの情報連携によって、統合DB構築支援を行います。CRM-DBには、顧客情報・取引明細・科目集計残高・諸契約実績・コンタクト情報(利益)・案件情報・キャンペーン情報が含みます。RACAR-DBには、顧客情報・取引明細・収益/リスク・経費/事務量・与信情報が含まれます。本部企画支援として、顧客情報マネジメント(法人リスクモニタリング・住宅ローン管理・法人/個人マーケティング)、営業支援 BusiActiv(汎用検索/ターゲット表示)・案件/予実管理)、地図情報システム(エリアマーケティング・レポート出力)、リレーション可視化(信用リスク分析)、RACAR管理(収益管理・原価管理・信用リスク管理・ALM・予算編成/統制)があります。また、基幹系システム・融資支援システム・審査支援システム・データ管理が、統合DBを支えています。


製品に関する動作環境等はお問い合わせ下さい。
記載されている製品情報は、製品の改良により予告無く変更されることがあります。