ページの本文へ

Hitachi

金融ソリューション

キーワードリモート相談、リモート事務、専門行員、ビデオ通話、セールス強化、サービス力向上

リモートテラーソリューションとは

各種ローンや相続などの相談や、新規口座開設といったローカウンタでの業務を大規模店や本部等の専門行員がリモートで対応することで、相談サービスの向上と事務の効率化を実現します。

[イメージ]リモートテラーソリューションの概要

リモート相談

郊外店や店舗外に設置した「リモートテラー端末」から、大規模店に在席する専門行員とビデオ通話で手続きができ、どこの店舗からでも専門性の高い相談サービスが受けられるようになります。
タブレットを活用することで、渉外先から専門性の高い相談を受けることも可能なため、相談業務の活性化によるセールス力の強化とサービス力の向上が図れます。

[イメージ]リモート相談の概要

リモート事務(将来)

事務オペレータを集中センタに配置することで、オペレータの稼働率の向上、事務効率化を実現します。営業店に設置した認証装置により、集中センタからも本人確認などが可能となるため、口座開設などの事務手続きがリモートで対応できるようになります。
また、営業時間外の手続きも可能となるため、顧客サービスの拡大を実現します。

[イメージ]リモート事務の概要

機能紹介

リモートテラーソリューションの機能をご紹介します。

リモートテラーソリューションの機能
オペレータ自動振分 お客さまからの問い合わせ内容(業務)に応じて、対応可能なオペレータに適切に自動振分処理を行います。
待ち行列管理 接続先のオペレータが全て接続不可(対応中または対応不可)の場合に、待ち行列を管理し、オペレータが対応可能状態になり次第、順次、接続可能にします。
資料共有 オペレータからお客さまへ資料を提示・共有します。
オペレータ側が共有資料にマーカー等で記入したり、お客さまが画面上をタッチした位置をオペレータ側に表示することにより、音声や映像のみでは伝わりにくい情報を共有できます。
アプリケーション共有 オペレータ端末上のWordやExcel、Internet Explorer、PDF等の様々なアプリケーションの画面を共有できます。
スキャナ連携 お客さまの持ち込み資料や本人確認書類をオペレータ側が確認・共有できます。
プリンタ連携 オペレータ側がヒアリング内容に基づき共有資料にメモ等を書いたものをお客さま側に印刷出力できます。
ユーザ管理 オペレータ情報(ユニット(スキル)、所属店等)を管理します。
リピート接続 過去に利用した人であれば、対話をした事があるオペレータを優先させて、再度同じオペレータの呼び出しが可能です。
統計データ蓄積 使用実績等の統計データを蓄積します。
録画・録音機能 会話内容を録画・録音します。

関連情報