ページの本文へ

Hitachi

金融ソリューション

取引の迅速さを求めてご来店するお客さまには簡易な操作で利用できるセルフ端末でストレスのないお取引を実現します。また、高度なサービス・情報を求めてご来店するお客さまには、各サブシステムとの連携による木目細やかなサービス(取引サポート、キャンペーン案内、資産運用シミュレーションなど)で確かな信頼を築き、将来的な収益拡大につなげます。

また、ATMやインターネットバンキング等とのチャネル連携を強化し、営業店を訪れない顧客の潜在ニーズを掘り起こしていく、積極的なセールス展開を推進します。

対話型カウンタ

お客さまが親しみやすい対話型カウンタ

対話型カウンタは、行員が取引内容を入力し、お客さまはタッチパネルの簡単な操作で負担の無いお手続きを行ないます。また、伝票記入レス・印鑑レスや納付書等のイメージ化により、行員の事務処理の厳正化と効率化を図ります。

伝票記入レス
お客さまにてタッチパネル操作により取引内容を確定。
印鑑レス
窓口でのカード取引をサポート。指静脈認証/暗証番号入力により、印鑑レスを実現。
高精度のイメージ処理技術
税公金納付書をイメージ処理し、バーコード情報や文字認識技術を活用して取引内容を自動反映。
手数料金、延滞料金のシステム化
税公金や振込の手数料の自動表示。
延滞料の必要がある(可能性がある)納付書についてはアラート表示。

[イメージ]対話型カウンタ

[イメージ]対話型ハイカウンタの期待効果

関連ソリューション

オンデマンド印刷機能

各システムより情報を一括して収集し申込書や届出書に顧客住所や契約状況を貼り付け出力することで、お客さまの記入負担の軽減を図ります。また、行員の事務負担の軽減と事務の堅確化にも寄与します。

[イメージ]オンデマンド印刷機能

指静脈認証機能

「指静脈認証」「暗証番号入力」「カード読取」が一体となったコンパクトな認証装置を利用し、窓口での印鑑レス取引を実現します。

[イメージ]指静脈認証機能

セルフ端末

お客さま操作でスピーディに取引を処理

店頭にセルフ操作端末をご用意し、お客さま操作でスピーディに取引を処理します。行員の負担を軽減し、事務の厳正化とサービス向上を実現します。

[イメージ]セルフ端末

[イメージ]セルフ端末の特長

タブレットによるエントリ

直感的なインターフェースの採用でお客さまの入力負担を軽減

従来の記帳台での伝票記入に替わり、ロビーでお客さまがタブレットを用いて取引内容を事前入力するスタイルをご提案します。入力内容を営業店システムにデータ連携することで、行員による手入力の削減、伝票の記入内容チェック不要化を実現し、スピーディで厳正な処理が可能です。また、見やすいタブレット画面の利点を活かし、お客さまに優しい入力インターフェースの採用や、訴求性の高い広告媒体としてタブレットを活用します。

[イメージ]タブレットによるエントリ