ページの本文へ

Hitachi

金融ソリューション

キーワードATM、監視、リモメン、ジャーナル、現金精査

概要

日立のATMクラウドは、お客さまの運用にかかわる業務負担とコスト低減を図るサービスです。 ATMの取引内容を記録して保存するATMジャーナルの集中管理や、ATMの状況監視といった業務をクラウドサービスとしてメニュー化した「ATMクラウドサービス」を提供しています。金融機関におけるATMの運用管理をトータルにサポートした本サービスを利用することで、お客さまは経営効率の向上とTCOの最適化の実現が図れます。

特長

●負担の大きいATM関連業務をクラウドサービス化

金融機関のお客さまは、最新のATM運用関連サービスを、必要に応じてサービス単位で利用可能なため、ATM運用に関する業務負担の軽減、コストの低減が実現することができ、コア業務への集中が可能となります。システム更改に関わる費用は不要となります。

●ATMの運用管理にかかわる各種業務をワンストップで提供

ジャーナルの集中管理や監視・運用、そしてリモートメンテナンス(ソフトウェアの集配信、資源管理など)など、ATMの運用管理をトータルにサポートします。日立グループの総合力を活かし、日立がワンストップで提供することで、金融機関は、必要なサービスをメニューの中から選択し、組み合わせて利用できます。

なお、本サービスによる監視と予防保守をシームレスに連携させることで、万一障害が発生した場合にも、直ちに日立保守員が的確な対応を迅速に行います。これにより、ATMの停止時間を短縮できるため、稼働率も向上します。

●高信頼なクラウドサービスで高レベルなセキュリティ

本サービスは、金融機関の基幹系システム、チャネル系システムで豊富な実績のあるHitachi Cloudセンタを活用しています。また、進入防止、不正防止、データ保護、設備・運用環境など、システム運用の側面からも適切なセキュリティを確保します。

適用業務の範囲

お客様のニーズに応じて各種サービスメニューをお選びいただくことが可能です。導入後の段階的な追加も対応出来ますので、ご相談下さい。

【表】適用業務の範囲

適用業務の範囲の表
ATM監視・運用サービス ATMと直接接続し、ATM情報のきめ細かな把握と制御指示を行います。
リモートメンテナンスサービス ATMプログラム/BIFファイル等のソフトウェア更新処理を行います。
ATMジャーナル集中管理サービス ATM内の電子ジャーナルデータを集中保管/管理し、全ATMに対する任意情報検索や非対面チャネル戦略をサポートします。
「BIツールによるビッグデータ分析によりATMの各種データを見える化(特許:第5760029号※)」
※株式会社日立システムズの登録特許です。
リモート現金精査サービス ATM内の現金精査をリモートで行える機能を提供します。
ATMパーソナライズサービス ATM画面上へのお客さまにとって最適かつタイムリーな情報発信と、ATMの利便性・操作性の向上を可能とします。

ATMクラウドサービス全体イメージ

【図】ATMクラウドサービス全体イメージ

[イメージ]ATMクラウドサービス全体イメージ

今後も日立は、幅広い金融機関へのシステム/サービスで蓄積した実績とノウハウ、日立グループの総合力を生かし、勘定系/インターネットバンキング/チャネル系システムなどと連携したATM取引業務におけるお客さま満足度向上やBCP対策など、新たなニーズに応えるクラウドサービスをタイムリーに開発・提供し、ATMの利用価値のさらなる向上を支援していきます。