ページの本文へ

Hitachi

日立ITプラットフォーム技術者資格認定制度

日立ITプラットフォーム技術者資格認定制度(オープンミドルウェア編)

日立ITプラットフォーム技術者資格認定制度(オープンミドルウェア編)は、統合システム運用管理「JP1」製品の一定以上のスキルを有する技術者を日立が認定する制度です。
セールスからシステム構築・運用、アプリケーション開発まで目的ごと、さらにレベルごとに資格を設け、「試験」により、厳格・公正な評価基準でそのスキルレベルを認定します。

クラウドサービスプラットフォーム「Cosminexus」製品、および、ノンストップデータベース「HiRDB」製品については、オープンミドルウェア研修をご用意しています。

資格取得をサポート

また、試験合格をサポートする学習コース「講座」もご用意しております。
講座は、試験に準拠した内容となっており、かつ高度な知識やノウハウを体系的・効率的に学べる、と大変好評をいただいております。


信頼と安心の技術者資格認定

資格取得者は、そのスキルレベルを客観的に示すことができ、日立オープンミドルウェア各製品をご利用いただくお客さま、ソリューションやサービスを提供する方々から高い信頼と評価を得ることができます。また、人材育成や技術者のテクニカルスキルをはかる尺度としても活用できます。

技術者資格認定制度 活用事例

HiRDB
Cosminexus
JP1
新日鉄ソリューションズ株式会社/NSSLCサービス株式会社(新規ウィンドウを開く)
運用管理システムの構築・運用に必須となる知識を「JP1技術者資格認定制度」で効率的に修得。付加価値の高いITインフラ・ビジネスを展開
日本電子計算株式会社(新規ウィンドウを開く)
高信頼システムの構築・運用を担う技術者の育成に「Cosminexus技術者資格認定制度」を活用。開発業務の品質と生産性の向上をさらに加速
富士ソフト株式会社(新規ウィンドウを開く)
コスト削減と高い品質をもたらすSOA構築基盤として日立の「Cosminexus」に注目。効率よい技術修得に「Cosminexus技術者資格認定制度」も活用
TISシステムサービス株式会社(新規ウィンドウを開く)
全社的なIT基礎力の向上と高度技術者育成のために、「JP1技術者資格認定制度」を積極的に活用。アウトソーシングサービス市場でのさらなる飛躍を目指す
アイエックス・ナレッジ株式会社(新規ウィンドウを開く)
「安心・安全・安定」したサービスを提供するために、「JP1技術者資格認定制度」を積極的に活用。ITIL(R)ベースの運用サービスと新事業を強化
株式会社信興テクノミスト(新規ウィンドウを開く)
「お客さまの期待を超えるサービス提供」を実践しながら、大規模Webシステム開発など新規ビジネス開拓に注力。Cosminexus認定技術者が大きな推進力に
株式会社愛媛電算(新規ウィンドウを開く)
信頼性の高いWebシステムを、地元に密着したソリューションとして提供するために、「Cosminexus技術者資格認定制度」を活用
日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社(新規ウィンドウを開く)
企業価値向上を支援するITシステムの提供に向け、営業・開発・教育部門が三位一体となって、既存技術の活用と、新規技術の獲得によりCS向上を目指す。
日立INSソフトウェア株式会社(新規ウィンドウを開く)
「Cosminexus技術者資格認定制度」を積極的に活用し、ネット社会の価値を高めるソリューション提供力強化につながる大きな成果を獲得。
キヤノンシステムソリューションズ株式会社(新規ウィンドウを開く)
「Cosminexus技術者資格認定制度」を利用して、短期間で技術とノウハウを修得。Webシステム構築のビジネス領域拡大を目指す
株式会社日立情報システムズ(新規ウィンドウを開く)
「JP1技術者資格認定制度」を教育制度に組み込み真の顧客満足を獲得するための技術職・営業職の応用力・実践力向上に成果
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(新規ウィンドウを開く)
「テクノロジー・リーディング・カンパニー」を目指して技術者育成に「JP1技術者資格認定制度」を活用。モチベーションアップと技術力向上を効率よく実現

製品サイト