ページの本文へ

Hitachi

日立ITプラットフォーム技術者資格認定制度

信頼

国内運用管理ソフトウェア市場No.1の「JP1」と関連ミドルウェア、国内ストレージ市場でトップシェアの「Hitachi Storage Solutions*1」、そして高性能・高信頼なクラウド基盤に欠かせない「BladeSymphony」。

これら信頼と実績あるITプラットフォーム製品群のセールススキルやテクニカルスキルを客観的な形で示せるのが、資格認定試験を合格した方々に与えられる資格。この資格を取得することで、各製品を活用したソリューションやサービスの提供先となるお客さまから、大きな信頼と評価を得ることができます。

*1
2016年9月をもちまして、Hitachi Storage Solutionsの新規の資格認定は終了しました。

評価

それぞれの資格認定試験は、厳格・公正な評価基準のもとに採点されます。このため、技術者の技術力を図る重要な指標の1つとなり、管理者が技術者のスキルアップやキャリアアップを図る尺度および評価基準としてもご活用いただけます。

多くのSI企業やパートナーさまも、幅広い技術やスキル修得の近道として、日立の資格認定制度を自社独自の人財育成プログラムに組み込み、従業員のスキルアップやキャリアアップに有用な手段として採用しています。 なお、これまでの資格取得者は延べ7万人*2です。

*2
2016年3月現在。1資格1人とした場合の延べ人数

価値

日立ITプラットフォーム製品群の提案・構築・運用まで、それぞれの目的やスキルレベルに合わせて豊富に取り揃えられた「資格認定講座」。その受講者は、ITプラットフォームの基礎知識から製品知識、高度な機能までを体系的に学びながら、マニュアルを読んだだけではわからないトラブルシューティングなどの実践的なノウハウも修得できます。

これにより、日立製品群の強みを最大限に活かした高品質なサービスやソリューションが提供できるようになり、ビジネスの付加価値向上と競争力強化に貢献します。

支援

いま多くの企業では、組織力強化を図るための人財育成が何よりも重要な課題となっています。
なかでも高度な技術力や問題解決能力が求められるSI企業や、企業の情報システム部門では、従業員間でバラツキのあるIT知識やスキルのボトムアップと標準化、そのための教育体制の確立が急務のテーマとなっています。

資格認定制度はこうした人財育成を支援する制度としても非常に有効です。スキルの現状把握とフォロー、目標達成に向けたモチベーションアップ、資格認定取得による人財と組織力の強化にお役立てください。

製品サイト