ページの本文へ

Hitachi

ビッグデータ×AI(人工知能)

‐お知らせ‐
高速シミュレーションにより、サプライチェーン全体で需要変動に即応する計画を自動立案する「サプライチェーン最適化サービス」を提供開始

2019年10月11日
株式会社日立製作所

‐お知らせ‐
高速シミュレーションにより、サプライチェーン全体で需要変動に即応する計画を自動立案する
「サプライチェーン最適化サービス」を提供開始

株式会社日立製作所(以下、日立)は、調達から販売までのさまざまなデータをサイバー空間上で紐付け、高速にシミュレーションすることで、サプライチェーン全体で需要変動に即応する最適な計画を自動立案する「サプライチェーン最適化サービス」を10月11日より提供開始します。

本サービスは、日立がこれまで培ってきたSCM*1業務のノウハウを活用した意思決定ロジックや、独自の高速シミュレーション技術を採用することで、日々変化する現場のデータや条件に基づき、在庫や輸送など各種計画のKPIに対する最適解を提示するSaaS*2型サービスです。

これにより、サプライチェーン全体で整合性の取れた高精度な計画を自動的に作成し、お客さまのサプライチェーン全体最適化の実現を支援します。

*1
SCM:Supply Chain Management
*2
SaaS:Software as a Service

昨今、製造業や流通業では、急激なグローバル経済の変化や消費者ニーズの多様化などにより、需要変動を予測することが非常に難しくなっており、過剰在庫によるコスト増大や、欠品による機会損失、イレギュラー輸送の多発などサプライチェーン全体でさまざまな課題を抱えています。また、取り扱い品種の増加や短サイクル化、グローバル化によるサプライチェーンの複雑化により、人手作業では、需給バランスの調整や在庫の管理、輸送コストの検証などを適切かつタイムリーに行うことが困難になってきています。このような事業競争力に直結するサプライチェーンの課題を解決し、需要の変化に素早く対応していくために、デジタル技術の活用に期待が高まっています。

今回、「サプライチェーン最適化サービス」の提供により、調達から製造、保管、輸送、販売までのデータをサイバー空間上で紐付けてサプライチェーン全体を再現し、モノやお金、情報の流れをシミュレーションすることで、需要変動に対応した計画の自動立案を実現します。日立は、自身のサプライチェーン改革のノウハウを活用した、サプライチェーンにおける標準的な業務ロジックを多く取り揃えており、その中からお客さまのサプライチェーンに合う業務ロジックを選択するだけで、容易にサプライチェーンのモデルを構築することが可能です。これにより、従来、数ヶ月を要していた準備作業を短時間で実現するなど効率化することで、早期に運用を開始することができます。モデルには、お客さま特有の業務ロジックも柔軟に組み込むことができるため、現場業務の状況にあわせた精度の高いシミュレーションを実現します。

また、日立独自の高速シミュレーションエンジンを採用することで、品目数が膨大で複雑なサプライチェーンにおいても、短時間でのデータ分析を可能にし、日々の変化に対応するサプライチェーン全体の最適化を継続的に行うことを支援します。

なお、本サービスの商用化と並行して、2017年度に、グローバルに展開する大手小売会社において導入検証を行いました。その結果、従来はタイムリーに出荷するため国内倉庫に余剰保管していた在庫を、保管コストの安価な海外倉庫に移動させることができ、在庫管理コスト約50%削減の効果を確認しました。さらに、数万点に及ぶ商品別にきめ細かな供給計画を迅速に自動計算できるようになったため、欠品発生件数も約50%削減できることを確認しました。このように、在庫管理コストや欠品発生件数が半減するなど大きな効果を確認したことにより、2019年度より本番環境での運用を開始しています。

日立は、今後も、サプライチェーン最適化サービスの機能強化やメニュー拡充を行うことで、製造業や流通業を中心に幅広いお客さまのサプライチェーン全体の最適化をより一層支援していきます。このように全体最適の視点で無駄をなくしていくことで、生産性向上やコスト低減といったお客さまの経営課題とともに、廃棄ロス削減による環境負荷低減などSDGsの達成*3にも貢献していきます。

*3
2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs: Sustainable Development Goals)」の17の目標のうち、日立グループは、自らの事業を通じて達成に大きく貢献する5つの目標と、企業活動全体を通じて達成に貢献する6つの目標を特定し、実現に向けて注力しています。

サプライチェーン最適化サービスのコンセプト

図1:サプライチェーン最適化サービスのコンセプト

サプライチェーン最適化サービス活用時の業務画面イメージ

図2:サプライチェーン最適化サービス活用時の業務画面イメージ

サービスメニュー

サプライチェーン最適化サービスの価格

  

以上