ページの本文へ

Hitachi

ビッグデータ×AI(人工知能)

-お知らせ-日立の特許「顧客セグメント評価方法」が関東地方発明表彰において発明奨励賞を受賞

2017年11月17日
株式会社日立製作所

-お知らせ-
日立の特許「顧客セグメント評価方法」が
関東地方発明表彰において発明奨励賞を受賞

株式会社日立製作所(以下、日立)は、このたび、公益社団法人 発明協会が主催する平成29年度関東地方発明表彰において、「顧客セグメント評価方法(特許第5902325号)」が発明奨励賞を受賞しました。本発明は、顧客の趣味や嗜好を踏まえたセグメンテーションを可能にすることで、小売業などにおいて顧客の満足度および購買意欲を向上させ、売上・利益拡大に貢献するとともに、在庫や廃棄ロスによるコスト最適化を支援するものです。

地方発明表彰は、大正10年に創設され、全国を8地方(北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州)に分けて実施され、優れた発明、考案または意匠を生み出した技術者・研究者を顕彰するものです。

近年、ライフスタイルや価値観の多様化により、効果的・効率的なマーケティングを実現するためには、多種多様なデータのセグメンテーションおよび分析を行う必要があります。これまで、クラスタリング技術を活用したセグメンテーション手法は確立されていましたが、生成された顧客のセグメントは、分析者にとって必ずしも理解が容易ではなく、業務での適用は困難であるという課題がありました。

具体的に、本発明では、実際の購買傾向をもとに分析者が顧客ごとに定義した趣味嗜好のセグメントとそれに対応する商品属性を、実際の購買傾向を元に一致度を評価し、一致度が低ければセグメントの更新を提案します。これにより、分析者の業務知識や知見とデータの客観性を融合させた高精度かつ業務への適用が容易な顧客セグメントを得ることができます。その結果、顧客の趣味嗜好を踏まえた分析が可能となり、ターゲットとすべき顧客層や好まれている商品などの深掘り、明確化など効果的なマーケティング施策の立案が可能になります。

日立は今後も、先進的なデジタルマーケティングを実現する技術開発を通して、科学技術および産業の発展に貢献していきます。

地方発明表彰について(公益社団法人発明協会ホームページ)

「顧客セグメント評価方法」を使用しているサービス

日立ビッグデータ × AI(人工知能)

商標注記

記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社日立製作所 サービスプラットフォーム事業本部ITプロダクツ統括本部
開発基盤本部 知財戦略部[担当:渡邊]
〒259-1392 神奈川県秦野市堀山下1番地
電話 0463-88-8020(直通)

以上

  • * このお知らせに記載の情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。